logo

Mozidoが販売・サービス担当執行副社長にリマーク氏を起用

Mozido 2016年09月28日 13時47分
From 共同通信PRワイヤー

Mozidoが販売・サービス担当執行副社長にリマーク氏を起用

AsiaNet 65911(1230)

【オースティン(米テキサス州)2016年9月28日PR Newswire=共同通信JBN】信頼できるデジタル・コマースと決済ソリューションの世界的なプロバイダーであるMozido(リンク )は28日、マーカス・リマーク(Markus Remark)氏が販売・サービス担当執行副社長として入社、直ちに就任したと発表した。リマーク氏はこの役職でMozidoの世界販売成長戦略とデリバリー業務の立案、採用、遂行を担当する。

Mozidoのトッド・ブラッドリー最高経営責任者(CEO)は「マーカスをMozidoの経営チームに迎えて喜んでいる。顧客重視の販売とサービス、デリバリー業務の構築に成功した実績を持つ戦略的リーダーとして、マーカスはMozidoの顧客とパートナーをモバイル・コマースの次の段階へ押し上げるのを助けてくれると確信する」と語った。

リマーク氏は営業とデリバリーの卓越化を目指し、オラクルやTOA、Motive、Crossworlds、PeopleSoftなどの企業で大規模な変革を進めて組織効率を高め、売上高の増収を推進してきた20年以上に及ぶ実証済みの手腕を持ち込む。

リマーク氏は最近ではオラクルの顧客対応担当副社長として、記録的な契約更新と顧客満足度の引き上げに努めてきた。オラクルの前は、同社が2014年に買収したモバイルビジネス技術会社TOA Technologiesの世界顧客業務担当の上級副社長を務めた。Motiveでは上級副社長として、組織の幅広い変革と刷新を管理し、ライセンスと利益の急激な伸びをもたらした。リマーク氏はドイツ・ザールブリュッケンのUniversity of Applied Scienceでコンピューターサイエンスの修士号を取得している。

リマーク氏は「Mozidoに入社して、世界的な送金とデジタル・コマース市場で同社の急速な地位向上に貢献できることを、とても喜んでいる。モバイルとデジタル技術によって生活を向上させるMozidoの熱意を高めることで、世界の数十万人の消費者が資金を便利に扱えるようになる」と語った。

▽Mozidoについて
Mozidoはクライアントのためにブランド化したコスト効率の良いモバイル・クラウドベースのソリューションとして、信頼できるデジタル決済コマース・ソリューションを世界に提供している。Mozidoのソリューションは極めて相互運用性が高く、事実上どのような無線通信事業者やモバイル機器とともに運用可能であり、第三者の広告、サービス提供、その他の提供商品を容易に取り込める。Mozidoの世界的プレゼンスと国際的サービスは、米国、中国、インド、スリランカ、アフリカ、中東、欧州、中南米における事業が含まれ、こうした地域の人々は携帯電話で金銭、決済、その他のサービスを管理できる。詳細はリンク を参照。Twitterは@Mozido(リンク )でフォローを。

▽報道関係問い合わせ先:
Van Leigh
SVP of Marketing
Mozido
+1-512-518-2200

ソース:Mozido

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。