logo

アディッシュ、ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」のプレイドと提携

ガイアックス 2016年09月28日 13時01分
From PR TIMES

ECショップのWeb接客運用代行を提供開始

株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775)の100%子会社である投稿モニタリングおよびカスタマーサポート事業のアディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江戸浩樹、以下 アディッシュ)は、1,000社以上のカスタマーサポートの運用実績を活かし、800社以上の導入実績のあるウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を提供する株式会社プレイド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:倉橋健太、以下プレイド)と業務提携することをお知らせします。ECショップ向けに「KARTE」とその運用代行のパッケージサービスの提供を開始いたします。



[画像1: リンク ]


「KARTE」は、ユーザー1人1人のサイト内動向をリアルタイムに解析・可視化・分析を行い、ユーザー毎にセグメント分けすることでユーザーが本当に必要としている提案を最適なタイミングで行うことができます。アディッシュは、この「KARTE」の運用を設計し、ユーザー毎の購買までのストーリーをシナリオ化、PDCAを回し続けることでサイトの活性化につなげます。併せて、ユーザー目線でのカスタマーサポートを行うことで導入先企業・サービスへのロイヤリティを向上させます。今回の提携により、ワンストップでのサービス導入とスムーズな運用が可能となります。


■サイト外でのSMS、メール、Facebook通知での接客もできるKARTE
「KARTE」は、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化・分析することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービスです。ウェブサイト上の「ポップアップメッセージ」によるサイト内での接客から、2016年3月より提供開始した「KARTE TALK」によるメールやプッシュ通知(チャット、SMS、メール、Facebook通知、ブラウザ通知、スマホ通知)などを利用したサイト外の接客までを提供するツールを提供しています。そして、これらの異なるコミュニケーションを1つのタイムラインで一元管理することが可能です。これにより、より円滑なコミュニケーションを実現しています。


[画像2: リンク ]


■「KARTE」の運用で、サイト訪問者の購入率をUPさせてきたアディッシュのサポート
アディッシュは、「KARTE」を活用し、ユーザ一1人1人のサイト上での動向を分析、ユーザー毎の購入や追加購入までのストーリーをセグメント毎にシナリオ化し、セグメント毎にWebサイトにタグを設定することで、Webでの接客を運用してきました。さらに、Web接客の満足度を向上させ、サイト訪問者の購入率や満足度をUPさせるために、チャットサポートなどが可能な「KARTE TALK」では、ウェブサイト上のチャット、SMS、メール、Facebook通知、ブラウザ通知、スマホ通知を活用し、リアルタイムの接客を代行しています。特に、サイト訪問者に対して、週末や深夜のリアルタイムでのチャットサポートを代行することで、対応が手薄になりがちなサイト訪問者の購入率や満足度を向上させてきました。

[画像3: リンク ]



■関連URL
EC運用者向け Web接客運用代行サービス リンク



■アディッシュ株式会社 概要
設立:2014年10月1日
資本金:3,000万円(ガイアックス100%子会社)
代表取締役社長:江戸 浩樹
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル 5F
事業内容:ソーシャルメディアモニタリング、ソーシャルアプリサポート
従業員数:アディッシュ関連会社(アディッシュ仙台株式会社、アディッシュ福岡株式会社、アディッシュプラス株式会社、Gaiax Asia Corporation)379名、本体92名(パート、アルバイト含む)
URL:リンク


■株式会社プレイド 概要
設立:2011年10月
資本金:3億3,504万円
代表取締役社長:倉橋 健太
本社所在地:東京都品川区西五反田1-5-1 A-PLACE五反田駅前4F
事業内容:ウェブ接客ツール「KARTE」の開発・運用、EC特化型メディア「Shopping Tribe」の企画・運用
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事