logo

OKI、簡単かつ安価に導入可能なIoTの導入パッケージ「IoTファストキット」を販売開始

OKI 2016年09月28日 11時00分
From PR TIMES



OKIは、920MHz帯無線を用いたIoT(注1)導入パッケージ「IoTファストキット」の販売を2016年10月3日より開始します。本パッケージはOKIが開発したIoTプラットフォームを基盤としており、簡単・低コスト・短期間でのIoT試行導入を可能としています。試行後の本格導入への移行においては、用途に合わせた拡張やカスタマイズなどが容易で、大規模なシステムでも安全に利用することが可能となります。

製造業の設備稼働監視、運輸・流通業の物流管理、社会インフラの維持管理や防災などの各分野では、IoT化によって収集できる膨大なデータを見える化・分析することにより課題を解決し、さらに新たな価値を生むサービスの創出に向けた取り組みが加速しています。しかしながら、IoTの導入にあたっては大きなIT投資コストをともない、運用課題も多いため、多くの企業ではなかなか導入に踏み切れない実態があります。具体的には、IoT機器の製品コストとネットワーク設定などの初期コストが高いこと、導入後の運用時には情報漏洩や成りすましなどのセキュリティー脅威に対する不安があること、開発をともなうカスタマイズには時間も費用もかかるといった課題があります。

そのためOKIは、お客様のIoT導入課題を解決し、導入・運用が簡単で、確実にデータ収集・蓄積のできるOKIのIoTプラットフォームを基盤とした「IoTファストキット」を用意しました。本パッケージは以下の特長を備えています。


920MHz帯マルチホップ無線を用いた広範囲なネットワークが安価に構築可能
OKIが長年培ってきた920MHz帯マルチホップ無線技術により、広範囲なネットワークが安価で構築可能となります。特に、干渉の恐れがある2.4GHz帯無線と違い、920MHz帯マルチホップ無線にはその心配がなく、障害物を回り込みながら長い距離での通信が可能であり、少ない機器でレイアウト変更などに柔軟な対応ができます。
簡単かつ安価に“つながる”
センサーデータを集めてクラウドへ転送するゲートウェイ(以下、IoT-GW)の設定コストの大きさを解消し、専門知識がなくても、電源をONにするだけで簡単につながるネットワーク設定としました。これにより、設置期間短縮と設定コストの大幅削減が可能となります。また、Modbus RTU(注2)に準拠しているセンサーであれば、すべて接続可能です。
複数拠点での異なったデータ管理が容易(テナント管理)
事務所や工場などの複数拠点で、拠点ごとにアクセスできるデータを分離することができるため、それぞれの拠点に閉じたセンサー情報を管理、見える化が行えます。
デジタル認証によるセキュリティーの確保
IoT-GWには、接続機器が正しいものであることを示すため、出荷時に機器の証明書を埋め込み、その証明書にて認証を行う機能を備えました。従来、パスワード認証により行っていた認証を、デジタル認証機能を備えることで、成りすましなどのセキュリティー課題を解決しています。管理者が入力する第三者に推測されやすいパスワードを利用することなく高いセキュリティーが確保できます。
柔軟性を持ったAPI(注3)(有償提供)
従来、数ヶ月かかっていたIoTアプリケーションの開発を大幅に短縮することが可能なAPIを用意しました。このAPIを利用することで、お客様自身で短期間の開発が可能です。


今後OKIは、長年培ってきた通信技術を活かし、IoTの適用領域を拡張していくことで、お客様との共創によるIoT社会の実現に貢献していきます。

「IoTファストキット」の構成

[画像: リンク ]



構成内容:照度センサー、CO2センサー、温湿度センサー、振動センサー(※)、「920MHz帯マルチホップ無線ユニット(注5)」、IoT-GW各1式および、収集したデータの見える化のためのIoTプラットフォームをセットにしたソフトウェア
※振動センサーについては2016年11月提供開始予定。以後、他のセンサーも順次提供検討中

販売価格:230,000円(税別)~
※IoT-GW、「920MHz帯マルチホップ無線ユニット」、照度センサー各1式、IoT基盤利用料3ヶ月分(IoT基盤利用料は4ヶ月以降有償)
※回線を含めた場合:235,700円(税別)~

利用用途例
・工場向けとして、センサー設置による工作機械の稼動状況の見える化を実施。故障との相関関係を見出す予防保全システムとしての試行導入など。
・鉄道設備へのセンサー設置により、設備の老朽化、故障との相関関係を見出す故障予兆システムとしての試行導入など。

用語解説
注1:IoT(Internet of Things)
モノをインターネットに接続し、モノのデータを収集し、見える化・分析することで、あらゆる領域のICT化に寄与する仕組み。

注2:Modbus RTU
プログラマブルロジックコントローラー(PLC)やセンサーなどを接続するためのシリアル通信プロトコル。同じネットワークに複数の機器を接続して通信が可能で、仕様が公開されているため、様々な産業用機器で広く利用されている。

注3:API(Application Programming Interface)
アプリケーションを開発する際に、共通的に利用できる機能を呼び出すことが可能な仕組み。便利な機能をあらかじめAPIとして提供することで、開発者が一から作らずに短期間でアプリケーションを構築できる。

注4:マネージドクラウドExaaS
「EXaaS」は、従来のクラウドサービスに加え、導入支援コンサル/開発/調達・構築/運用サポートまでカバーし、トータルなITライフサイクルマネージメントを行う、OKIのマネージドクラウドのブランド。マネージドクラウドは、サーバーリソースなどのIT資産の調達や割り当て、ITインフラの運用に加えて、お客様の業務システムまで預かることを前提として設計されたクラウドサービス。運用負荷低減、業界ガイドライン準拠の高信頼、高セキュリティーを顧客価値として提供。

注5:920MHz帯マルチホップ無線ユニット
電波到達性が高く、障害物があっても回り込んで届く920MHz帯無線を採用し、OKI独自のマルチホップ無線技術を搭載した商品。複数の無線装置を経由して、バケツリレーのようにデータを伝送する通信方式。親機から直接電波が届かなくても近隣の子機を経由してネットワークに接続できるため、広いエリアの無線ネットワークを低コストで構築できる。また、電波状態の良い経路を自動的に選択して通信を行うため、一時的な電波障害に強く信頼性に優れている。

リリース関連リンク
920MHz帯マルチホップ無線商品サイト「SmartHop(R)」紹介サイト
リンク

「マネージドクラウドExaaS」紹介サイト
リンク


沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
SmartHopは、沖電気工業株式会社の登録商標です。
EXaaSは、沖電気工業株式会社の商標です。
Modbusは、Modicon Inc.(AEG Schneider Automation International S.A.S.)の登録商標です。
その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
情報通信事業本部 新規事業開発室
電話:03-5445-6318

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事