logo

SAP ERPとCRM間のデータ連携テンプレート「SpeedStart Pack 日本語版」を提供開始

データ連携フローの開発期間を17分の1に短縮~

エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都新宿区 以下マジックソフトウェア)は、マジックソフトウェアが開発・販売するシステム連携ツール「Magic xpi」用のデータ連携フロー・テンプレート「SpeedStart Pack 日本語版」を10月3日(月)より提供開始します。

「SpeedStart Pack」は、マジックソフトウェア・エンタープライゼスが開発し、海外ではすでに導入実績のある「SAP ERP* - Salesforce連携テンプレート」を、マジックソフトウェア・ジャパンが日本語対応したものです。日本語版の提供に伴い「SAP ERP - Dynamics CRM連携テンプレート」も追加開発いたしました。
日本語版の製品化にあたっては、Magic xpiビジネスパートナーの株式会社NEC情報システムズ様に全面的なご協力をいただきました。
*SAP S/4 HANAに対応済

【ERPとCRMのデータ連携を低コストで実現】
エンタープライズ向けの基幹システムとしてERPパッケージとCRMは広く普及しており、企業活動に無くてはならないシステム基盤となっています。しかしERPとCRMには双方に共通するデータが別々に管理されているため、それぞれのデータを双方向に同期・連携したいというニーズは以前から存在しておりましたが、各々のシステムに対する高度な技術や知識、及びコストが導入の妨げとなっています。

「Magic xpi Integration Platform」はノンコーディングでシステム間のデータ連携を実現するプラットフォームとして、海外・国内で多くの実績を持つEAIツールであり、SAP ERP、Salesforce、Dynamics CRMなどのデータ連携のためのアダプターを提供しております。プログラミング言語等を記述することなくデータ連携を短期間・低コストで自動化できるシステム連携ソリューションです。

「SpeedStart Pack」は、ERPとCRM間の連携フロー(Magic xpiが実行する連携プログラム)のテンプレートです。「取引先情報」「商品情報」のように、データ連携の必要性が高い項目については、基本的な連携フローがすでに出来上がっているため、連携フローをスクラッチで開発する場合と比較して17分の1に期間を短縮することができます。(マジックソフトウェア・エンタープライゼスによる試算)

【提供方法と対象企業】
マジックソフトウェア、及びMagic xpiパートナーが、システム連携開発プロジェクトにおけるテンプレートとして利用します。
■提供方法:マジックソフトウェアからMagic xpiパートナーに開発プロジェクト毎に提供します
■主にSAP ERPユーザー向けに、Magic xpiパートナーを通じて販売します。
初年度3社、次年度以降10社/年の導入を見込んでいます。

【Magic xpi Integration Platformについて】
異なるシステム間でデータ統合、同期、移行を、プログラミング言語等を記述することなく(ノンコーディング)で実現するシステム連携ツールです。SAP ERP、Salesforce、Dynamicsなど、66種500機能以上の連携アダプターを提供しており、基幹業務システムやクラウドサービスとのシステム連携において多くの実績があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事