logo

タイ バンコクで分譲住宅事業を拡大 新たに3プロジェクト(計約2,100戸)に参画


三井不動産株式会社は、三井不動産レジデンシャル株式会社との共同出資会社「MITSUI FUDOSAN (ASIA) PTE. LTD.」(三井不動産アジア、所在地:シンガポール)を通じて、タイの首都バンコクでの分譲住宅事業をさらに拡大するため、タイの有力な住宅デベロッパー「アナンダ社」との強固なパートナーシップを発揮し、新たに3物件(計約2,100戸)の分譲住宅につき2016年10月より販売を開始することといたしました。本3物件の参画をもって、当社グループのバンコクでの分譲住宅事業は合計12物件、戸数は約10,100戸となります。

この度新たに事業参画を決定した3物件は、バンコク中心部ペッチャブリ地区、バンコク南東部バンチャック地区、ウドムスク地区に位置し、最寄りのMRT(地下鉄)またはBTS(高架鉄道)から徒歩4分以内と交通利便性に優れております。いずれも2016年末から2017年初頭にかけて着工、2018年の竣工を予定しております。

また、「アナンダ社」との共同事業の第1号物件である「アイデオQチュラサムヤーン」が2016年10月に竣工をむかえます。同物件はオフィス街の中心であるシーロム・サトーンエリアに隣接し、その立地の優位性、先進的な外観デザイン、充実した共用部計画などによりマーケットから評価いただき、全1,600戸につきほぼ完売いたしました。

Ideo Mobi Asoke:37階建507戸(予定)
旧日本大使館が所在していたペッチャブリエリアに位置しており、近年高層コンドミニアムの開発が盛んなエリアとして知られています。MRT(地下鉄)「ペッチャブリ」駅から徒歩4分と交通利便性に優れ、加えてエアポートリンク(鉄道)「マッカサン」駅(本物件から徒歩7分)からスワンナプーム国際空港までダイレクトでアクセスが可能です。スカイプールやジムなど多数の共用施設を設け、高い居住性能を図ります。
Ideo Sukhumvit 93:35階建1,332戸(予定)
バンコク南東部バンチャック地区に位置し、周辺には多くの飲食施設や商業施設があり、またBTS(高架鉄道)「バンチャック」駅から徒歩2分に立地するなど生活利便性に優れています。商品企画は約14,200m2の敷地を活かしたランドスケープデザイン、大規模なプール・バスケットボールコートなどの共用施設により、高い居住性能と生活利便性を実現します。
Ideo Mobi Sukhumvit 66:28階建298戸(予定)
バンコク南東部ウドムスクに位置し、大規模商業施設バンコクモール(未開業)やバンコク国際展示場をはじめとした開発の進展により、将来性が注目される立地です。BTS「ウドムスク」駅から1分という圧倒的な交通利便性を活かすとともに、共用部計画(スカイプール、屋上庭園等)により優れた居住性を図ります。

バンコクの不動産マーケットは長期間安定的に成長を続けてきており、中間所得層の人口が増加していることから強い住宅需要が見込まれています。共同事業者である「アナンダ社」と計12物件、合計約10,100戸のマンション事業を推進中で、いずれも好調に進捗しております。当社は、これまで日本国内やシンガポールをはじめとしたアジアで培ってきた住宅開発・マーケティングなどのノウハウを最大限に活かし、アナンダ社と共同で開発事業を推進してまいります。

当社グループは海外事業を成長分野の一つに位置付け、2015年5月に公表した2017年度までのグループ中長期経営計画「イノベーション2017ステージII」では、2015~2017年の3か年で欧米・アジアにおいて約5,500億円の投資を行うことを表明し、現在順調に進捗しています。
東南アジアにおける住宅開発ではシンガポールの40年に渡る開発に加え、タイ(12物件)、マレーシア(3物件)、インドネシア(2物件)の事業に参画しています。また商業施設では2015年5月に「三井アウトレットパーク クアラルンプール国際空港 セパン」を開業し、クアラルンプールにて「(仮称)ららぽーとクアラルンプール」を事業推進しているなど、アジアで旺盛な住宅需要および拡大する消費を積極的に取り込み、現地に貢献しながら早期に利益を拡大すべく、積極的に事業を推進しています。その他アジアでは中国における住宅開発、「杉井アウトレット広場・寧波」(中国・2011年開業)、「三井アウトレットパーク台湾林口」(台湾・2016年開業)、「(仮称)三井アウトレットパーク台湾台中港」(台湾・2018年開業予定)などのプロジェクトを展開しており、事業が拡大しています。


※アナンダ社について
・1999年に設立され、2012年12月にタイ証券取引所に上場したタイの有力住宅デベロッパー。
・傘下に住宅管理会社、仲介会社、建設会社を持ち独自のバリューチェーンを構築しており、また、潜在顧客を会員とした会員組織も運営。
・快適な都心居住のライフスタイルをメディアを通じて提案し、都心の駅から近い物件に注力している。 
・時価総額約414億円(2016年9月時点)、売上高約331億円(2015年)。
(1タイバーツ:3.0円)







本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。