logo

保育園に保護者が求めるものは幼児教育!?英語の勉強法はどれが良いの?

株式会社フェスコム 2016年09月27日 09時20分
From PR TIMES

英語を日本語に変えることなく理解し、話せるようになるために

保育ぷらす+(リンク)では、保育士だけでなく保護者のかたの保育の悩みの相談やコンテンツ作成行なっています。月ごとに集計をだし、悩みの多い物に関しての情報をコンテンツを作成し家庭や保育園での保育を推進しています。



保育ぷらす+は、2016年7月に保育士・保護者からの相談電話を集計し保育園に保護者が保育園に求めている情報を集計致しました。その結果、幼児教育が全体の70%を占めその中でも英語に対する関心が圧倒的に高いことが判明しました。
現在、英語教育の早期導入が実施され今まで中学生から授業に取り入れられていたのが小学生から実施されています。幼稚園や保育園でも英語を教えるところが多くなり保育士としても英語に対し無知ではいられない現状があります。

今回、保育ぷらす+では英語の中でも多かった3点をご紹介します。

[画像1: リンク ]



1、幼児教育の大切さ!?子どもの頃に勉強しないと手遅れなのか

子どもは真っ白なために、新しい物を受け付けやすい傾向にあります。誰もがわかっているのですが実際にはどのようなメカニズムなのか徹底的に解明致します。

小学校入学前の子どもたちに対して行う教育活動である「幼児教育」
リンク
日本は世界に比べ幼児教育後進国!ノーベル賞学者が教える6歳児までの教育の重要性
リンク

2,英語勉強は語学スクール?プリスクール?教育法のどれがいいの?

英語を覚えるのに子どもはどんな方法で学ぶのでしょうか。

英語を日本語に変えることなく英語のまま理解する!注目を集めている「イマージョン教育」とは?
リンク

英語学習はいつからがいいの!?早期英語学習はプリスクールで
リンク

3,保育園での英語の資質はどう判断するか

英語勉強では専門の講師が英語を教えることが多いと思いますが普通の英語を教えるのと違い、幼児を教える場合はどのような違いがあるのでしょうか。

赤ちゃん言葉を英語でマスター!?新設された「保育英語検定」とは?
リンク

保育士も英語が必要になる?最近の保育業界の英語教育事情とは
リンク


幼児教育の重要性と理解は年々、高まって来ています。学べる環境も整いつつある今、子ども達に何が最適かを考えてみましょう。
[画像2: リンク ]


「保育ぷらす+」は、株式会社フェスコムが運営する保育士・幼稚園教諭を中心とした保育に関わる保育士さんや保護者の方々のための総合サイトです。業界に精通したコンサルタントが、保育園や家庭向けに保育方法や保育に関しての知識やニュースを見解と共に発信し、また転職支援として認可・認証保育園から託児所のような少数保育まで幅広い求人を保有し、企業にはよりよい人材を、ご登録者にはよりよい職場をご紹介も行なっています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。