logo

「赤ちゃんせんべい」の人気TOPは「ハイハイン」:妊娠・出産・育児サイト『ベビカム』が調査

ベビカム株式会社  2016年09月26日 13時40分
From PR TIMES

「赤ちゃんせんべい」についてのアンケートを実施、ランキングを公開!

ベビカム株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役:安西正育)は、妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」において、「赤ちゃんせんべい」についてのアンケートを実施しました。



[画像1: リンク ]

[調査概要]
■調査方法: 妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査(インターネットのフォームより回答)
■調査対象: 妊活中、妊娠中、育児中の方
■実施期間:2016年9月2日~9月9日実施
■有効回答数:660

[調査内容]
■選択肢:アンパンマンのベビーせんべい(栗山米菓)、小魚せんべい(ピジョン)、ひじきせんべい(ピジョン)、岩塚のお子様せんべい(岩塚製菓)、がんばれ!野菜家族(岩塚製菓)、すまいるぽけっと 鉄とカルシウムの赤ちゃん野菜おせんべい(和光堂)、すまいるぽけっと 鉄とカルシウムのしらすとわかめの赤ちゃんおせんべい(和光堂)、野菜入りソフトおせんべい(キユーピー)、ハイハイン(亀田製菓)、野菜とりんごハイハイン(亀田製菓)、メイシーちゃんのおきにいり ふわふわソフトせんべい(創健社)
■調査項目:赤ちゃんのお気に入り度、食感(やわらかさなど)、素材の良さ、味の良さ
■ランキングの集計方法: 各「調査項目」において、回答者が「利用したことがない」と答えた商品以外について回答。「もっともよい」と答えた方を合計して、多かった順にランク付けしています。

※本調査の結果の詳細は、ベビカム内「ベビカム調査隊」ページにて公開しています。
ベビカム調査隊(リンク
[画像2: リンク ]


【調査結果の概要】
■「ハイハイン」(亀田製菓)が26%で1位に
1位は「ハイハイン」(26%)という結果になりました。「私自身小さい頃に食べていました。今もアレルギー持ちの子どもたちが喜んで食べてくれています」(22歳女性、お子さん0歳、2歳)「大人が食べてもおいしいと思えるのと、離乳食をすべて拒否したときに娘が食べてくれたものだから」(29歳女性、お子さん0歳、2歳)「ほんのり甘さと口溶け感が好き。4歳だった息子も食べたり、私も一緒に食べてしまうくらい、あの食感と甘さがなんとも言えない」(35歳女性、お子さん2歳、6歳)など、1972年発売のロングセラー商品だけに、小さいころに食べていた、自分が食べてもおいしいなどの声が寄せられました。

■2位は「アンパンマンのベビーせんべい」、3位には「野菜とりんごハイハイン」がランクイン
「アンパンマンのベビーせんべい」(栗山米菓)が9%で2位にランクインしました。「パッケージがアンパンマンで可愛いのと、味が薄味で、娘もパクパクと食べていました。パリパリ感もあり、お口の中で溶けやすい為、子どもが食べやすかったです」(25歳女性、お子さん1歳)「手で(持って)食べさせてあげたら、自分でかじることを覚えて袋の上からかじることもあるほどお気に入り」(31歳女性、お子さん0歳)「アンパンマンというだけで食いつきが違うから」(34歳女性、お子さん3歳)などのコメントがありました。3位は「野菜とりんごハイハイン」(亀田製菓)となりました。「リンゴのほんのりとした甘さがよいと思います。 野菜の栄養素が入っているのも良いです!」(19歳女性、お子さん0歳)「香りも少しありながら、味の濃くない感じが赤ちゃんにうれしい」(35歳女性、お子さん4歳)などのコメントがありました。

■栄養面やアレルギー対応、利用しやすい包装などへの希望が多い
自由回答を見ると、「ただのお菓子ではなく、乳幼児の補食としての意味合いがあると思うので、鉄分やカルシウムなどが取れるものがよいと思う」(32歳女性、お子さん0歳)「乳製品などアレルギー対応を望んでいます。ほとんどの製品は大丈夫ですが、乳製品を含むものもあるので、できればどのメーカーも乳、卵、小麦などの三大アレルゲン対応にして欲しいです」(32歳女性、お子さん2歳)など、子どもの健康面に気を遣って、おやつ選びをしていることが伺えます。また、月齢の小さい赤ちゃんが食べるおやつであることから、「1枚与えて2枚入だとなかなか使い切らずに湿気てしまうことが多々あります。できれば1枚入のものが増えるとありがたいです」(26歳女性、お子さん0歳)などパッケージに関するコメントも多く寄せられました。

アンケート結果の詳細は「ベビカム調査隊」でご紹介しています。
ベビカム調査隊(リンク

■サイト情報
ベビカム(リンク
日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト。1998年開設。コミュニティやブログサービスのほか、最新の医療、生活、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営しています。
また、仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。2014年には、WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う大分県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞しました。
ページビュー 400万PV/月
ユニークユーザー数 100万人/月・820万人/年
会員数 300,120人

■会社概要
ベビカム株式会社
(2016年2月20日に、株式会社デジタルブティックから社名変更)
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間800万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、子育て中の女性の就業支援(WorkSmart)や、子ども向けの教育(DreamPIE)などに関わる事業を行う。また、本田技研工業やNTT東日本のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等も提供する。

会社名: ベビカム株式会社
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表者: 代表取締役社長 安西正育
所在地: 東京都港区芝浦1丁目13番10号 第3東運ビル3階
ホームページ:リンク

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ベビカム株式会社 担当:石井
TEL:03-5439-5488/FAX:03-5439-5489
E-Mail:prs@babycome.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事