logo

アモイ航空がアモイ・深セン・シアトル路線を開設

アモイ航空 2016年09月26日 13時23分
From 共同通信PRワイヤー

アモイ航空がアモイ・深セン・シアトル路線を開設

AsiaNet 65871 (1213)

【アモイ、深セン(中国)、シアトル2016年9月26日PR Newswire=共同通信JBN】アモイ航空(Xiamen Airlines)は9月26日、アモイ(厦門)・深セン・シアトル路線サービスを開始し、中国の2大経済特別地区を結びさらに米西部の経済重要都市シアトルを結ぶ航空路を創設した。この路線は、アモイを起点とし米国を到着地とする初めての長距離輸送路線であるだけでなく、深センと米国を直接結ぶ最初の国際サービスである。

Photo - リンク

このサービスにはアモイ航空のボーイング787ドリームライナーが就航し月曜、水曜、金曜の週3便でフライトナンバーはMF845とMF846。

アモイ航空のチャ・シャンルン会長兼ゼネラルマネジャーは「アモイ・深セン・シアトル路線の開始は、2015年の米中首脳会談の結果の重要な反映である。これらのイベントに続いて、福州・ニューヨーク、アモイ・ロサンゼルス間のサービスも始まる予定であり、空の旅とその結果として両国間の交流はさらに容易になる」と語った。

アモイ・深セン・シアトル路線サービスは、アモイ航空が始めた6番目の長距離航空路で、最初の米国路線となる。現在までのサービスはアモイ・アムステルダム、福州・シドニー、アモイ・シドニー、アモイ・メルボルン、アモイ・バンクーバーの5路線。新路線のシアトル路線は、福建省でない国内都市に着陸するアモイ航空の最初の長距離航空路になる。

アモイ航空はシアトル以遠へのネットワークを構築するため、アラスカ航空との提携協定に署名した。アモイ航空を利用してシアトルへ旅行する乗客は、シアトルでアラスカ航空に乗り継ぐことによって米国、カナダ、メキシコの61都市など次の目的地に行くことができる。

今回の路線開設によって、アモイ航空のフリートはボーイング社がある「誕生」の地、シアトルを訪れるチャンスを初めて手にする。この地で165機強の旅客機フリートの各機が製造され、初めて日の目を見た。アモイ航空はボーイング社の上得意として、中国最大のボーイング旅客機だけのフリートを運航している。

アモイ航空は、過去30年以上にわたって新しいボーイング旅客機を数百機受領しており、ボーイング旅客機のみのフリートを維持する低コストの有利性によって、アモイ航空は29年の間一貫して利益を計上している。これは中国の民間航空史上、最長の利益継続期間となる。

ソース:Xiamen Airlines

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事