logo

オリックス生命 ミュンヘン再保険グループの自動引受査定ソリューション導入プロジェクトを開始

ミューニックリー オートメーションソリューションズ 2016年09月26日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月26日

ミューニックリー オートメーションソリューションズ

オリックス生命が自動引受査定ソリューションの導入プロジェクトを開始

ミュンヘン再保険会社傘下のミューニックリーオートメーションソリューションズ(以下「MRAS」)は、オリックス生命保険株式会社(以下「オリックス生命」)と、自動引受査定エンジンAllfinanz Interview Server (以下「AIS」) のライセンス契約を含む必要な契約全てを締結し、導入プロジェクトを開始した。併せて、ミュンヘン再保険会社日本支店(生命再保険)(以下「ミュンヘン再保険」)も、AISに搭載される自動引受査定ルール(傷病ごとに査定に必要な情報の確認を行う対話式ドリルダウン質問)の提供についての契約を締結し、オリックス生命の査定標準に合致するよう、共同でドリルダウン質問および査定結果にいたるまでのルールを構築する。
今回オリックス生命が開始したプロジェクトは、お客さまへ保険をご提案する際に作成する設計書のデータを用いてペーパーレスで申込手続きが完了する仕組みを導入するもの。
AISを採用し、一連の手続きの中で被保険者が告知する健康状態に応じて追加の質問を展開し、販売の現場で一定程度の査定結果を提示することも可能とする。質問された内容に回答していく形式のため、必要事項が不足していたり、記載もれによる追加の事務手続きの削減が期待でき、お客さまの負荷も軽減する。
告知内容に基づく自動査定結果が特別条件となってしまった場合は、その場で承諾できる方法と、後日改めて紙の承諾書を提出する方法があり、お客さまの要望に合わせた承諾方法を準備する。
オリックス生命はAISに加えてAPIモジュールも購入。APIモジュールを使用することにより、AISに元々備わっている告知画面を使用せずに、オリックス生命独自の画面を構築する。
マルチチャネル化推進のため、代理店チャネル、直販チャネル、Webダイレクトチャネルに本機能の導入を計画しており、2017年中の本番稼動を目指している。

Allfinanz Interview Server (AIS) 
AISは、パソコンやタブレット端末などの画面上で告知取得を行い、かつ、申し込みのその場で引き受け判断や引き受け条件の決定を行うことを可能にしたMRASの自動引受査定エンジン。ドリルダウン形式の引受査定ルールを用いることで、従来の紙ベースによる告知プロセスでは取得が難しかった被保険者の詳細な健康状態や病歴情報の入手を可能にする。導入できる販売チャネルに制限はなく、営業職員、乗合代理店、コールセンター、インターネット・ダイレクト、銀行窓販で引受査定プロセスを自動化することができる。ドリルダウン質問により、健康状態に関する詳しい情報を取得できるため、追加で医的証明書を求める頻度が少なくなるなど、顧客の負荷を軽減でき、同時に査定者に回付されるケースも削減されるため、保険会社のコスト削減、売り上げ向上にも役立つ。引受査定ルールの構築や変更も、操作が簡単なルール構築ツールRules Designerにより、査定者みずからが容易かつタイムリーに実施可能。

オリックス生命保険株式会社
[本社:東京都港区、代表取締役社長 片岡 一則]

・1991年オリックスグループの生命保険会社として営業開始し、本年で創立25周年を迎えた。
・個人保険の保有契約件数は、2016年5月末300万件突破。10期連続で2桁伸展の急成長を続けている。
・新契約件数は、3期連続で50万件突破。
・商品は、「シンプルでわかりやすく」「合理的な保障を低価格でご提供すること」をコンセプトに開発。2006年9月医療保険   キュアを皮切りにラインアップを拡充し、直近では特定疾病保障保険ウィズを発売。
・医療保険新キュアなどプロが選ぶ保険ランキングなどでも高い評価を得ている。
・サービス面でも、健康相談医療サービス、先進医療給付金の直接支払サービスなどで充実を図る。
・販売チャネルは、代理店チャネルを中心に、ダイレクトチャネル、銀行窓販に加え、本年3月直販チャネルを創設し10月に募集を開始する。

ミューニックリー オートメーションソリューションズLtd
[本社:アイルランド ダブリン、CEO ロス メイン]

1987年の設立以来、世界各国の主要な生命保険会社に自動引受査定エンジン(AIS)や、新契約に係るデータ分析・レポーティング・ツール(Business Analytics)等の自動引受け査定ソリューションを提供している、業界をリードするソフトウェア・プロバイダーです。引受査定プロセスを自動化することで、生命保険会社の売り上げ向上、顧客獲得コストの削減に貢献しています。2007年にミュンヘン再保険グループの傘下となり、2008年に100%子会社として日本法人ミューニックリー オートメーションソリューションズ株式会社を設立しました。 

ミュンヘン再保険会社 日本支店(生命再保険)
[所在地:東京都千代田区、CEO パトリック サラン]

創業1880年のミュンヘン再保険グループは、グローバルな事業を通しさまざまなリスクから価値を創造しています。世界最大手の再保険会社として、世界50カ国以上で約44,000名の従業員が保険・再保険のあらゆる分野に従事しています。
日本では、1967年に東京連絡事務所を開設し、2001年にミューニックリージャパンサービス株式会社となりました。さらに2010年7月には、生命再保険業務を分離させミュンヘン再保険会社 日本支店(生命再保険)を設立しました。ミュンヘン再保険会社 日本支店(生命再保険)では、生命保険、医療保険に係る再保険業務に関連して、伝統的再保険の枠を超える幅広いサービスを日本の生命保険会社等に提供しています。
ミュンヘン再保険会社 日本支店(生命再保険)は、自動引受査定に係るサービスの提供を他の再保険会社に先駆けて開始しており、日本市場向けに構築した引受査定ルールは、申込時に想定される告知事項の約8割~9割を網羅しています。この引受査定ルールは、超過保険料、保険金削減、部位不担保等の特別条件についても対応しています。また、ドリルダウン質問を各生命保険会社の査定標準に適応させる引受査定ルールのカスタマイズについても、経験豊富なスタッフが万全の体制でサポートしています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事