logo

アジア太平洋の46か国から若いリーダーたちが成都市の対話フォーラムに参加

パーフェクトワールド 2016年09月23日 19時45分
From 共同通信PRワイヤー

アジア太平洋の46か国から若いリーダーたちが成都市の対話フォーラムに参加

AsiaNet 65851(1209)

【北京2016年9月23日PR Newswire=共同通信JBN】Asian Pacific Youth Dialogueは2016年9月21日、中国四川省の成都市で開催された。成都市人民政府、Global Youth Leaders Laboratory、Taihe Global Institute、Beijing China Today International Culture Development Co., Ltd.の全面的支援を受けて開催されたフォーラムはユネスコ、中国ユネスコ国内委員会、世界ユネスコ協会クラブ・センター連盟(WFUCA)が共同で主催し、中国電子科技大学、成都ハイテク産業開発区、Perfect World Education & Technology(北京)Co., Ltd.が後援した。

アジア太平洋地域46か国から参集した若いリーダー候補約200人は3日間にわたって、アジア文化の多様性、平和な世界構築へのアプローチ、平和促進に果たす文明の役割、デジタル時代における平和の構築、ジェンダーに関わる暴力と調和の取れた社会、現代の若者間の社会発展などを含む広範な議題について討議した。

この対話の内容は、Asian Civilizations Dialogue Forum(ACDF)と第10回ユネスコ・ユースフォーラムで「Voice of Asia Youth - Suggestions from(アジアの若者の声-Asian Pacific Youth Dialogueからの提言)」と題して発表される予定。

このフォーラムはユネスコおよびアジア太平洋の数カ国から大いに注目された。国連、中国政府、中国企業の代表がこのフォーラムに参加し開会式で挨拶した。それらには以下の人が含まれていた。中国教育省副大臣兼中国ユネスコ国内委員会委員長兼ディレクターのハオ・ピン氏、中国ユネスコ国内委員会事務局長のドゥ・ユエ氏、ユネスコ・ディレクター兼中国、北朝鮮、韓国、日本、モンゴルへの代表マリエルツァ・オリビエラ氏、世界ユネスコ協会クラブ・センター連盟会長のディレンドラ・ハトナーガル博士、中国電子科技大学学長兼中国工学会会員のリ・ヤンロン氏、ヤン・ウェイ成都市政府参与、パーフェクトワールド最高経営責任者(CEO)のロバート・H・シャオ博士。

参加者はアジア太平洋地域の若者に対し世界の発展に注目し、強力な目的意識で文明のコンセンサスを構築し、人類共通の命運を懸けたコミュニティーを創造するという使命をリードする役割を果たすよう激励した。

ソース:Perfect World

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事