logo

CA Technologies、BlazeMeterの買収でDevOpsポートフォリオのさらなる拡充へ

日本CA株式会社 2016年09月23日 11時01分
From PR TIMES

~SaaSベースの継続的アプリケーション・パフォーマンス・テスト・ソリューションが加わりテスト工程の時間短縮と品質向上を促進~

CA Technologiesは、オープンソース・ベースの継続的アプリケーション・パフォーマンス・テスト分野における業界リーダーであるBlazeMeterの買収について正式合意に達したことを発表しました。取引条件については非公開で、買収手続きは今年末までに完了を予定しています。

(2016年9月21日、ニューヨーク発)
CA Technologies(本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)は、オープンソース・ベースの継続的アプリケーション・パフォーマンス・テスト分野における業界リーダーであるBlazeMeterの買収について正式合意に達したことを発表しました。取引条件については非公開で、買収手続きは今年末までに完了を予定しています。

株式非公開企業であるBlazeMeterの買収によって、CA TechnologiesはDevOpsの製品ポートフォリオをさらに拡充することができます。BlazeMeterは今後、テスト効率を一層向上させるとともに、アプリケーションの展開を加速させるため、CAの継続的デリバリ・ソリューションとのシームレスな統合を進めていくことになります。

開発チームがアプリケーションの市場への投入期間を短縮するためのアジャイルと継続的デリバリを充実させるにつれて、企業はその活動を支えるために試行錯誤をしています。アプリケーションのリリース・サイクルを短縮する上での最大のボトルネックは、テストのスピードです。BlazeMeterのソリューションを導入することにより、開発者とパフォーマンス担当エンジニアは、テストをアプリケーション・ライフサイクルのより早い段階で実施し、テスト・カバレッジを広げる事ができます。その為、本番稼働直前になってパフォーマンスの問題に遭遇する事態を回避することができるのです。

CA Technologies プレジデント兼最高製品責任者 Ayman Sayed
BlazeMeterのソリューションはシンプルさ、短期間での展開が可能なSaaSモデル、そして迅速な価値創出という点でパフォーマンス・テストを刷新しました。今回の買収によって、当社の継続的テスト分野でのリーダーとしての立場が強化されることになります。また企業が新しいソフトウェアのアップデートやイノベーションをスピーディーかつ高品質で提供していくためのDevOpsの採用を加速していくという現状に伴って、パフォーマンス・テストが広く活用されようとする当社の取り組みはさらに拡大することになるでしょう。

BlazeMeter 創業者兼CEO Alon Girmonsky
開発者やパフォーマンス担当のエンジニアは、オープンソースのツールや、開発者のエコシステムに統合しやすいツールを使うことで優れたテスト・カバレッジの達成を考えています。今回の買収でCA Technologiesと力を合わせることにより、BlazeMeterはその技術開発を今後も継続し、CA Technologiesの膨大なリソースを活用してお客様にさらに優れたサービスを提供することができるでしょう。

BlazeMeterの商用、セルフサービス型の継続的アプリケーション・パフォーマンス・テスト・ソリューションは、Selenium、Gatling、Locustなどのオープンソース・ソフトウェア・ツールのほか、Apache JMeter™との完全な互換性を有しています。

BlazeMeter社は2011年に創業し、イスラエルのテルアビブとカリフォルニア州パロアルトに拠点があります。

CA Technologiesについて
CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、<リンク(米CA Technologies)、<リンク (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、リンクをご覧ください。

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事