logo

テクトロニクス、光変調アナライザのソフトウェア強化を発表

テクトロニクス 2016年09月21日 13時30分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2016年9月21日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、光変調アナライザ(OMA)ソフトウェアの強化を発表します。最新のリリースでは、一つの測定システムでマルチチャンネルのコヒーレント変調方式の検証が可能になります。複数のOMAの校正、制御が行え、異なった波長、ファイバのコア径など、複数チャンネルからのデータを簡単に取込み、同時に解析することができます。

テクトロニクス、パフォーマンス・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャのブライアン・ライク(Brian Reich)は、次のように述べています。「今回発表するOMAソフトウェアの新しいリリースは、QAMまたはDP-QPSKなどの最先端のコヒーレント光通信、ネットワーク技術の開発エンジニアによるマルチチャンネルのテスト作業を改善します。複数のOMAシステムのセットアップに要するコストを抑え、複数のOMAハードウェア・システムからデータを受け取ってから、校正し、同期するまでの時間を短縮します」

今回のリリースには新しいビジュアルOMAセットアップ・ツールが含まれており、オシロスコープとコヒーレント・レシーバのフロントエンドの再構成が行えるため、同じハードウェアでPAM4の研究、DP-QPSKテストにおけるチャンネル数の増加など、さまざまなアプリケーションに対応できます。

空間(モーダル)分割多重化の使用により、マルチチャンネル・コヒーレント研究のニーズは高まっており、OMAはチャンネルごとのデータのダウン・コンバート、デジタル化が求められます。マルチキャリア通信アプリケーションでも、波長分離がOMAの帯域以上の場合は、波長チャンネルごとに1台のOMAが必要になります。

■ダウンロードについて
今回発表するOMAソフトウェアは、2016年末までにテクトロニクスのウェブサイトからダウンロード可能になります。詳細についてはこちらのページをご覧下さい。
リンク


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク

<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。