logo

SmartNews、マンガチャンネルにて『GANTZ』を毎日更新

スマートニュース株式会社 2016年09月21日 12時13分
From PR TIMES

毎日2話分を11月末まで、100話以上を無料で提供



スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木健/浜本階生、以下「当社」)は本日、当社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュース閲覧アプリ「SmartNews(スマートニュース):ダウンロードURL→リンク」の「マンガ」チャンネルにて『GANTZ』(原作:奥浩哉)の連載を開始します。『GANTZ』は10月に映画が公開される『GANTZ:O』の原作マンガで、毎日2話分を11月末(予定)まで、100話以上を無料で提供します。


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



「GANTZ」は、電車にひかれ死亡してしまった高校生・玄野計が、謎の黒い球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、同じ境遇の仲間とともに「星人」と呼ばれる存在との死闘を強いられるストーリーで、単行本の累計発行部数は2100万部を突破、2004年にテレビアニメ化、実写映画2部作「GANTZ」「GANTZ PERFECT ANSWER」が製作・公開されました。

10月14日に公開される『GANTZ:O』では、原作漫画で人気の高いエピソード「大阪編」が映像化。ある事件に巻き込まれて命を落とし、ガンツに召還された青年・加藤勝が、リーダー・玄野を亡くした東京のガンツチームとともに大阪の街に転送される。やがて曲者ぞろいの大阪のガンツチームも加わり、妖怪型の星人軍団「百鬼夜行」に立ち向かう様子が描かれます。

[画像3: リンク ]


SmartNewsでは9月にマンガチャンネルをリニューアルし、『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』『ホイッスル!』『かりあげクン』を毎日更新するなど、コンテンツの充実に務めております。また16日からは『君の名は。 Another Side:Earthbound』などの小説を「読書」チャンネルで展開するなど、さまざまなコンテンツの提供を拡大しております。

SmartNewsは、政治や経済、国際問題などのニュースから、マンガ、小説、エッセイなどの創作作品まで、Web上のさまざまなコンテンツを閲覧できるアプリです。ユーザごとに、またタイミングによって変化する「必要なコンテンツ」へのニーズに対応するため、当社は今後もさまざまなニュースや作品を提供すべく、メディアパートナーとの連携を強化していく所存です。

■ 本件に関するお問い合わせ先
スマートニュース株式会社 広報担当 pr_jp@smartnews.com

■専用コンテンツチャンネル「チャンネルプラス」とは
チャンネルプラスは特定のメディアのコンテンツを読みたいユーザに向け、メディアパートナーとスマートニュースが共同で開設する専用コンテンツチャンネルです。2013年5月よりスタートし、日本版の購読者数は3000万を超えています(複数購読者を重複してカウント)。

■ スマートニュース株式会社について
スマートニュース株式会社は「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」ことをミッションとし、2012年6月15日に設立された企業です(創業時社名:株式会社ゴクロ)。独自開発のウェブ解析技術を基盤に、世界1900万ダウンロードを超えるニュースアプリ「SmartNews」を運用する当社は、同アプリを軸に多くのメディア各社との事業提携を行っています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事