logo

macOS Sierra向けのMacデータ復元ソフト「データリカバリー(Mac版)」がアップデート

株式会社ワンダーシェアーソフトウェア 2016年09月21日 10時15分
From PR TIMES

macOS Sierraアップデート時に消えたデータを復元!

macOS Sierraのリリースに伴い、ワンダーシェアーソフトウェアのMacデータ復元ソフト「データリカバリー(Mac版)」が最新のmacOS Sierraに対応済み!macOS Sierraアップデート時に消えたデータを復元!Mac 内臓-HDDや外付けHDD、ゴミ箱、USBドライブ、SDカード、Macに接続しているデジカメや携帯電話など消えてしまったファイルを高速・高品質で復元!



消費者向けソフトウェア開発・販売を展開する株式会社ワンダーシェアーソフトウェア(日本支社 東京都千代田区 代表 王博)は、macOS Sierraのリリースに伴い、9月21日に最新のmacOS Sierra対応のMacデータ復元ソフト「データリカバリー(Mac版)」をリリースしました。

データリカバリー(Mac版)について

【データリカバリーの製品ページ】
リンク
【特徴】
「データリカバリー(Mac版)」は最新のmacOS Sierraへアップデートした際に紛失したデータを復元できます。
Macで誤って削除した画像・音楽・動画やドキュメントなど、Mac 内臓-HDDや外付けHDD、ゴミ箱、USBドライブ、SDカード、Macに接続しているデジカメや携帯電話など消えてしまったファイルを高速・高品質で復元するサービスを提供します。
【価格】通常価格は7980 円(税込)
【動作環境】
対応OS:Mac OS X 10.12(macOS Sierra)、Mac OS X 10.11(El Capitan)、10.10(Yosemite)、Mac OS X 10.9 (Mavericks)、10.8(Mountain Lion)、10.7、10.6
[画像: リンク ]



データリカバリー(Mac版)の紹介

アップルがMac用の最新OS macOS Sierraを日本時間9月21日に正式公開します。macOS Sierraへアップデートした際のデータ損失など予測できない状態が起こる場合、「データリカバリー」がお役に立てます。
また、macOS Sierraを利用中、Mac上のデータを誤って削除・フォーマット等で消えた場合、データリカバリー(Mac版)により簡単に復元することができます。
「失われたファイルを復元」、「Rawファイルの復元」、「パーティションの復元」3つの復元モードで簡単にmacOS Sierraの消えたファイルを復元します。消えたデータを復元する前にMacで削除したファイルの詳細をプレビュー確認することが可能です。

macOS Sierraへアップデートするなら、下記ページを参考にしてください。
リンク

【株式会社ワンダーシェアーについて】
Wondershareは、ワンダフルを世界中の皆様と共有しています。
2003年の会社設立以来、Wondershareは、あらゆる場面で実用性が高い、革新的なマルチメディアソフトの開発に取り組んで参りました。 Wondershareの社名は「wonderful」(素晴らしい)を「share」(共有)するという自社の志を示しています。その初心の下、「ソフトウェア=知恵」を世界と共有し、人々の人生と仕事をより楽しく、便利に、簡単にすることを目指し活動してまいりました。デジタル写真・デジタルビデオ・オーディオ技術、それらのインターネットとの融合といった分野において、弊社の誇る技術力を駆使した製品群は、現在に至るまで世界中の個人のみならず、法人、政府機関、学術機関でご活用いただいております。

【開発会社概要】
会社名 株式会社ワンダーシェアーソフトウェア
設立 平成23年9月
代表取締役 王博
事業所在地 千代田区神田練塀町73 プロミエ秋葉原10F
事業内容 ソフトウエア・システム・コンテンツならびに付帯サービスの企画・開発・販売。
URL リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。