logo

大田区の特区民泊経営事業の認定を取得 民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験開始!地元商店会と協力し、地域活性化への取り組みも

インベスターズクラウド 2016年09月21日 08時30分
From PR TIMES



 アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社iVacation(代表取締役:大城崇聡、以下iVacation)は、民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験を開始いたしますのでお知らせします。

◯ iVacationの特区民泊経営事業認定施設にて実証実験を開始
 iVacationは大田区の物件について、2016年9月15日に特区民泊経営事業の認定を受けました。この物件では、宿泊者に対し、同社の開発する民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を無料でレンタルし、実際に利用していただきながらスマート民泊の実証実験を行ないます。
 「TATERU Phone」を使い交通予約やイベントチケット、レストランの予約など機能を活用していただくだけでなく、宿泊先で気になったことなど、実際に「TATERU Phone」と民泊物件を利用した感想や現場の意見を収集いたします。この収集した検証用データをもとに、「TATERU Phone」と民泊物件のアップデートを行い、民泊運営の改善につなげてまいります。
 さらに、「TATERU Phone」を活用したスマート民泊を推進するべく、民泊物件の開発にも注力してまいります。
[画像1: リンク ]

<実施期間>
2016年9月21日(水)~2017年3月31日(金)

<実施内容>
(1) 技術検証:「TATERU Phone」の各種サービスのシステム連携等の検証
(2) 運用検証:「TATERU Phone」のレンタルから返却までの運用検証、
「TATERU Phone」の訪日外国人客にとっての利便性を検証、
民泊物件の宿泊予約からチェックイン、チェックアウトのオペレーション検証等

[画像2: リンク ]

<実施施設>
特区民泊認定物件
住所:東京都大田区下丸子
構造:木造一戸建て
宿泊可能人数:5名


◯ 地元商店会と協力し、地域活性化を推進

[画像3: リンク ]

 さらに今後、物件の所在するエリアにある「武蔵新田商店会」と協力し、「TATERU Phone」を活用した地域活性化を促進してまいります。
 「TATERU Phone」に搭載されている機能を利用して、民泊宿泊者の商店街回遊や、地域住民との円滑なコミュニケーションを促し、民泊における地域の理解を深められるよう、実証実験を進めてまいります。また、将来的には、Beaconを活用したO2Oマーケティングによる取り組みを通じて、さらなる地域活性化につなげてまいりたいと考えております。
※「武蔵新田商店会」は、矢口・下丸子地域は1358年(廷文三年)、新田義興が多摩川の矢口渡で謀殺されたという伝説に関する様々な逸話や史跡が残るところです。破魔矢発祥の神社で鎮座655年の新田義興公を祀った「新田神社」や、2014年に周辺の神社仏閣を巡る『東京多摩川七福神』が設置され、武蔵新田の新しい歴史を創っております。商店会では「侍イベント」や「武者パレード」、商店街にあるパワースポット「多摩川七福神巡り」など様々なイベントを企画開催しています。

◯ 民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」とは
 「TATERU Phone」は、民泊宿泊者にレンタルを行う、日本を快適に過ごせるようにローカライズされたIoTデバイスで、シームレスにサービスを体験できます。スマート民泊を可能にするため、チェックイン、チェックアウトはもちろんのこと、スマートキーの利用や、チャットでの問い合わせなども多言語で対応いたします。また、Beacon機能の搭載やその他機能の拡大など、利用者がスマートに旅行を楽しめるツールを充実させてまいります。利用者はもちろん、民泊物件を運用するオーナーにとっても、便利なサービスの開発を行ってまいります。
※Beaconとは、ビーコンと呼ばれるデバイスに近づいたり離れたりすると、その様子をスマートフォンが捉えて、位置を確認したり、店舗のクーポンを受信ができる、という機能です。ネットから店舗への誘導などに使える、新しいO2Oの切り札としてマーケッターの期待を集めており、消費者への新しいアプローチ手段として、O2Oやオムニチャネル対策といったマーケティング効果が期待されている新技術です。

<予定開発機能>
・チェックイン、チェックアウト
チェックイン、チェックアウト時に簡単に手続きができます。

・スマートキー
スマートフォンアプリで鍵の操作が可能です。

・FAQ
民泊利用者に対し、物件の利用ルールやよくあるQ&AをまとめたFAQをご覧いただけます。

・クラウドチャットコンシェルジュ
多言語対応のコンシェルジュにいつでもどこでも、チャットを通じて問い合わせができます。

・ブラウザ
インターネットのブラウザで、旅行情報など様々な情報を検索できます。

・コールセンター
多言語対応のコールセンターへ直接連絡することができます。

・交通予約【第1弾:エボラブルアジア社】
新幹線、飛行機なと゛の移動手段の予約か゛て゛きます。

・ミュージックイベント機能【第2弾:iFLYER(セブン・セブン・ハーツ社)】
フェスやクラブ、コンサート情報の収集、チケットの予約などができます。

・オーディオツアー機能【第3弾:Wanderpass(IPPON社)】
日本の観光スポットで使用できる音声ガイドです。

・アクティビティ機能【第4弾:Voyagin(Voyagin社)】
観光ツアー、世界遺産観光、ショーエンターテイメント、カルチャー体験などの予約ができます。

◯ 株式会社iVacation概要
社名:株式会社iVacation(株式会社インベスターズクラウド子会社)
設立:2016年6月1日
資本金:20,000,000円 
代表取締役:大城 崇聡
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山2-27- 25 7F
事業内容:
「TATERU Phone」の開発
P2P型宿泊マッチングプラットフォームの開発
民泊の運営及びその代行
民泊及びバケーションレンタル物件の開発
民泊物件・賃貸物件の保証業務

◯ 当社概要
社名:株式会社インベスターズクラウド
設立:2006年1月23日
資本金:6億192万円(2015年12月24日現在)
代表取締役:古木 大咲
本社:〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 7F
事業内容:
アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営
 「TATERU」 リンク
アプリではじめるスマートライフ「TATERU kit」の企画
 「TATERU kit」 リンク
ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営
 「スマリノ」リンク
不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」の企画・運営
 「TATERU FUNDING」リンク
 (不動産特定共同事業許可番号 東京都知事第100号)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事