logo

百聞は一見に如かず アメリカで見た!日本の高等教育への示唆 ~国際化推進SD研修報告会を開催~ テンプル大学ジャパンキャンパス

テンプル大学ジャパンキャンパス 2016年09月21日 08時05分
From Digital PR Platform


テンプル大学ジャパンキャンパス(東京都港区/学長:ブルース・ストロナク/TUJ)は10月19日(水)、去る6月下旬に米国大使館からの助成を受け、日米両国で実施した国際化推進担当職員研修の報告会を東京都港区の麻布校舎で開催する。全国の国公私大から参加した29名の教職員のうち、4名を報告者/パネリストとして迎え、日本の大学の実務担当者の立場から、10日間の研修で得た知見を広く共有、更なる議論の場とするもの。


・大学ガバナンス 
・リスク・マネジメント 
・学生支援
・職員のキャリアパス 
・アクティブ・ラーニング ほか

※米国の大学運営のいまを国際化の視点から、日本の高等教育の現場に活かすヒントとは!?ご多用とは存じますが、ふるってご参加ください。

<開催概要>
【日 時】 10月19日(水)19:00~(18:30 開場)
【場 所】
 TUJ麻布校舎 (東京都港区南麻布2-8-12)
 ・アクセス⇒ リンク
【参加費】 無料 
(※一般公開。大学・教育関係者、大学の国際化にご関心のある方、報道関係者ほか)
【プログラム】(予定 ※予告なく変更の可能性があります)
●19:00~ 開会ご挨拶 米国大使館代表(※調整中)
 国際化推進研修 概要説明 TUJアカデミック・アドバイジング・センター 島田敬久
●19:15~ 研修参加者 報告発表
 ・同志社大学 国際連携推進機構 国際センター国際課留学係 松波利明氏
 ・國學院大學 国際交流事務部 国際交流課 茂木奈津子氏
 ・名古屋大学 理学部生命理学科 特任准教授 ヴァシィレヴァ・マリア氏
 ・杏林大学 総合政策学部 准教授 久野新氏
●20:05~ パネルディスカッション Q&A
●20:50~ 閉会ご挨拶 TUJ学長ブルース・ストロナク
※本イベントには報道関係の撮影等が入る可能性があります。予めご了承ください。
【申 込】
 お名前、ご所属、連絡先、メールアドレスを記入の上、メールにて下記まで
 E-mail: tujpr@tuj.temple.edu

(関連記事)
・テンプル大学と米国大使館が日本の大学で国際化を担当する教職員向け研修を実施(2016/08/12)
 リンク

■テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)
 リンク
 米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるテンプル大学の日本校で、1982年に東京で開校した。外国大学の分校として日本で最も長い歴史と最大の規模を誇り、2005年には文部科学省から外国大学の日本校として初めて指定を受けた。TUJのカリキュラムは米国本校と基本的に同一であり、学位も本校から直接授与される。大学学部課程、大学院課程(教育学修士・博士課程、ロースクール、エグゼクティブMBAプログラム)、また学位取得を目的としない3つのプログラム(アカデミック・イングリッシュ・プログラム、生涯教育プログラム、企業内教育プログラム)で世界約60カ国の学生が学んでいる。

▼同大ウェブニュースリンク
 (日本語) リンク 

▼本件取材に関する問い合わせ先
 テンプル大学ジャパンキャンパス 広報・マーケティングサポート部
 〒106-0047 東京都港区南麻布2-8-12
 TEL: 03-5441-9801(平日9:00~17:30)
 FAX: 03-3452-3075
 E-mail: tujpr@tuj.temple.edu
 URL: リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事