logo

個人型確定拠出年金 全商品ラインアップの決定 口座管理手数料無料の条件変更のお知らせ

楽天証券 2016年09月20日 18時00分
From PR TIMES

~9月24日(土)よりサービス開始~

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、個人型確定拠出年金(以下「個人型DC」)で取り扱う商品の全ラインアップを決定し、さらに口座管理手数料が無料となる判定基準を変更いたしましたので、お知らせいたします。また、サービス開始日を9月24日(土)とすることをあわせてお知らせいたします。



個人型DCは、加入者自らが拠出した掛金を自ら運用し、原則60歳以降に運用結果に基づいて給付を受けることができる公的制度です。2017年1月の制度改正により、企業年金のあるサラリーマンや公務員、主婦など、原則、公的年金の加入者全員が利用できる制度となります。

今回、個人型DCの取り扱い商品において、新たに7ファンドを追加発表いたします。DIAMアセットマネジメント株式会社が運用する「たわらノーロード」シリーズ4本と楽天投信投資顧問株式会社が運用する「楽天ターゲットイヤー」シリーズ3本を新たに追加し、これにより27ファンドのラインアップのすべてが出揃いました。長期投資に適した低コストの投資信託を中心に、国内・海外の株式や債券だけでなく、REITや金に投資するタイプまで幅広く取り揃えております。

さらに、既に発表済みの「口座管理手数料無料プログラム」について、手数料無料の判定の条件となる残高基準を20万円から10万円に変更いたします。これにより公務員など掛金の年間上限額が14.4万円となる加入者の方でも、早期に楽天証券口座管理手数料無料の条件達成が可能です。2017年12月末まで発生する楽天証券口座管理手数料を無料とする「サービス開始記念口座管理手数料無料キャンペーン」と合わせ、より低コストで参加できるようになります。

楽天証券では、個人型DCの申込受付開始日を9月24日(土)といたしました。新規でのお申し込みだけでなく、既に他の金融機関の個人型DCに加入済みの方も、弊社への移換(運営管理機関の変更)が可能です。

楽天証券ならではの低コストかつ利便性の高いサービスを提供することにより、加入者拡大、制度普及に努めてまいります。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

※2016年8月末時点

[画像5: リンク ]

※個人型DC残高を指し、当社の証券総合口座でお預かりの残高は含みません。
※上記以外に、国民年金基金連合会や事務委託先金融機関(信託銀行)が設定する
管理手数料が別途かかります。

■「サービス開始記念口座管理手数料無料キャンペーン」
・実施期間: サービス開始日~2017年12月末まで
・対 象 者: 加入者及び運用指図者
・実施内容: 2017年12月末までに発生する楽天証券口座管理手数料を無料
※本キャンペーンは2017年以降も継続して実施する可能性があります。
※既に発表済みの内容からの変更はございません。

【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。