logo

GENIVIアライアンスが新しいオープンソースの車両シミュレーター・プロジェクトを発表

GENIVIアライアンス 2016年09月20日 17時37分
From 共同通信PRワイヤー

GENIVIアライアンスが新しいオープンソースの車両シミュレーター・プロジェクトを発表

AsiaNet 65798 (1178)

【サンラモン(米カリフォルニア州)2016年9月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*このプロジェクトは、模擬の運転条件下でGENIVI Development Platform(GDP)向けの新しいユーザーインターフェースをテストする

オープンソースの車載インフォテインメント(IVI)と輸送業界向けコネクティビティー・ソフトウエア・プラットフォーム開発に注力する非営利アライアンスであるGENIVIアライアンス(GENIVI Alliance)は20日、GENIVI Vehicle Simulator(GVS)オープンソース・プロジェクトを立ち上げ、開発者およびエンドユーザー向けのコードが入手可能であると発表した。

 Logo - リンク

GVSプロジェクト(リンク )と、サンフランシスコのElements Design Groupとオレゴン州ポートランドのJaguar Land Rover Open Software Technology Centerが開発した初期ソースコードは、オープンソースな拡張可能なドライビング・シミュレーターであり、それを採用する企業が模擬走行条件下でIVIシステムのユーザーインターフェースを安全に開発、テストすることを支援する。

GENIVIアライアンスのエグゼクティブディレクターであるスティーブ・クラム氏は「さまざまな潜在的な応用方法があるが、われわれはGVSが最も包括的なオープンソース車両シミュレーターであると確信している。最初の利用は、われわれのGENIVI Development Platformユーザーインターフェースを仮想模擬環境でテストし、必要な設計変更を迅速かつ効果的に見つけ出し、変更を実行することである」と語った。

GVSは提携、貢献、ないしは単にソフトウエアの使用を希望する誰もが利用でき、以下の多数の独自機能によってリアリスティックなドライビング体験を提供する。

*障害物-障害物は運転中に管理者によって起動される。ドライバーが仮想模擬環境で障害物に衝突すれば、そのイベントはドライビング・セッションの後にレビューできる違反行為として記録される

*違反行為の記録-停止表示の無視、赤信号の無視、1車線道路にある2重イエローライン(駐車禁止ライン)上の車両運転、地形・他の車両・障害物などとの衝突を含め多数の違反行為を記録することができる

*違反行為のレビュー-ドライビング・セッションのあと、管理者とドライバーは違反行為のスナップショットと表示、保存されたそれに関連する車両データを使って最新セッションの違反行為をレビューできる

詳しい情報を参照しコードをレビューし、さらに車両シミュレーターのセットアップを開始するには以下まで。
projects.genivi.org/gvs(リンク

▽GENIVIアライアンスについて
GENIVIアライアンス(リンク )は、オープンソース開発の車載インフォテインメント(IVI)と輸送業界向けコネクティビティー・プラットフォームを開発することに注力する非営利業界団体である。アライアンスは会員社に140社以上で構成するグローバルなネットワーク・コミュニティーを提供し、コラボレーション環境にある世界クラスの開発者とコネクテッドカー利害関係者とを結びつけ、無料でオープンソースのミドルウエアを生み出す。GENIVIは米カリフォルニア州サンラモンに本部がある。

▽メディア問い合わせ先
Craig Miner
GENIVI Alliance
+1.248.840.8368
cminer@quell.com

ソース:GENIVI Alliance

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事