logo

「Haneda Robotics Lab」プロジェクト始動

日本空港ビルデング株式会社 2016年09月20日 13時57分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月20日

日本空港ビルデング株式会社

ロボットの社会実装にむけた国内空港初の取り組み
「Haneda Robotics Lab」プロジェクト始動
~羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016~
本日(9月20日)より第1期参加事業者の公募を開始!

 羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデング株式会社(所在地:東京都大田区羽田空港3-3-2、代表者:代表取締役社長 横田信秋、以下当社)は、「Haneda Robotics Lab(ハネダ ロボティクス ラボ)」を設置し、ロボットの技術検証を目的に、羽田空港でロボット製品(プロトタイプ含む)の実験導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」を実施いたします。
 また、プロジェクトの実施にあたり、本日より第1期参加事業者の公募を開始いたします。
 なお、本プロジェクトは、経済産業省「ロボット導入実証事業」を活用し、政府が進める「改革2020」プロジェクトの実現に向けた取り組みの一つとして、国土交通省および経済産業省と連携して実施するものです。

■プロジェクトの背景と目的
 2020年に向け、羽田空港ではサービス品質および利用者満足度の向上に努めておりますが、日本における労働生産人口の減少が予想される中、羽田空港のさまざまな業務課題を解決していくためにはロボット技術の活用が不可欠であり、当社はこれまでも各種ロボットの導入や実証実験を推進してまいりました。

 社会のあらゆる場面においてロボットテクノロジーが実装されるためには、事業者や研究機関がより生活者に近いリアルな環境でユーザーテストを積み重ね、技術を収斂していくことが重要であり、年間7500万人以上が利用する羽田空港は、テスト環境として非常に大きな価値をもつ場だといえます。

 当社は、本プロジェクトを通してロボットの技術面・法規面での課題が洗い出され、広く知見が共有されることで、日本社会におけるロボットテクノロジーの普及に貢献してまいりたいと考えております。また、羽田空港をさまざまな最先端ロボットの活用の場とし、空港を利用される多くの方々にロボットを身近に感じていただくとともに、日本の最先端技術が世界中へ発信されていくことを目指してまいります。

<羽田空港のロボット活用事例>
・2015年9月より、CYBERDYNE 株式会社のロボットスーツHAL(R)作業支援用(腰タイプ)をあらゆる作業の補助に活用しております。
・広大な床面の清掃業務の品質向上と効率化を目的として、清掃業務におけるロボット活用を推進しております。


■公募要項
・募集期間: 2016年9月20日(火)~10月13日(木)
・実験期間: 2016年11月初旬~2017年1月末日(予定)
・募集カテゴリ: 1.案内
         2.移動支援
         3.清掃
・実証実験場所: 羽田空港国内線第2旅客ターミナル 南側出発ロビー (予定)

■特設サイトについて
 本プロジェクトに関する基本情報や公募の詳細については、特設サイトよりご確認ください。
 実験期間中の様子なども定期的に発信してまいります。
 ・特設サイトURL:リンク

■Haneda Robotics Lab ロゴについて
 Haneda Robotics Labのロゴマークは、二重振り子と呼ばれるふたつの振り子を連結した構造物の運動の軌跡で描かれています。ロボット技術の社会実装に向け、「人間」と「ロボット」のふたつの要素を「羽田空港」という環境において合わせたとき、そこでどのようなことが起こるのか。人間とロボットの間にどのような関係が築かれるのか。Haneda Robotics Labは、それを観測し検証することをミッションとしています。「人間」と「ロボット」というふたつの関係性を二重振り子に置き換えることで、このHaneda Robotics Labのミッションを表現しています。

■事業者・開発者向け説明会
 本プロジェクトや公募の詳細について、下記のとおり説明会を実施いたします。参加を希望される事業者・開発者の皆さまは、事前にメールにてお申し込みください。
・日時: 2016年9月30日(金) 13:00~14:30(12:30受付開始)
・場所: 羽田空港国内線第1旅客ターミナル 6階 ギャラクシーホール
     リンク
・申し込み方法: 企業名、参加代表者名、参加人数をご明記いただき9月28日(水)まで
                         公募窓口(haneda_robolab@jat-co.com)宛てにメールでお申し込みください。

■Haneda Robotics Labプロジェクトについて
・主催: 日本空港ビルデング株式会社
・事務局運営: 株式会社電通、株式会社電通国際情報サービス

■事業者・開発者向けお問い合わせ先
Haneda Robotics Lab公募窓口(日本空港ビルデング株式会社)
Mail:   haneda_robolab@jat-co.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事