logo

ロンドンファッションウィークのベルスタッフSS17:リヴ・タイラー&ベルスタッフカプセルSS17

ベルスタッフ 2016年09月20日 11時40分
From 共同通信PRワイヤー

ロンドンファッションウィークのベルスタッフSS17:リヴ・タイラー&ベルスタッフカプセルSS17

AsiaNet 65779

ロンドン(英国)、2016年9月19日/PRニュースワイヤー/ --

リヴ・タイラーがベルスタッフ(Belstaff)から出すカプセルコレクション第2弾は、60年代終わりの英国の田園地方のウキウキするような雰囲気と当時そこに集まってきたロックンロールな人たちを表現しています。全体の輪郭はこのシーンの一部となっていたアニタ・パレンバーグやマリアンヌ・フェイスフルのような自由奔放な女性を参考にしています。これとリヴのフェミニンなスタイル、そしてベルスタッフのミリタリーウェアのアーカイブに対する彼女の愛が融合した結果が、強く、フェミニンで、遊び心のあるカプセルコレクションになりました。

     (写真: リンク )

     (写真: リンク )

色調は、ベルトルッチ監督によるリヴの大ヒット映画、「魅せられて」(Stealing Beauty)からヒントを得た夏の田園を反映しており、中間色とウォッシュアウトデニムがリッチながら、黒地に描かれた花柄が際立っています。

ソフトなタッチは、ベルスタッフのアーカイブのブルゾンにインスパイアされた肩章付きのクロップドレザーバイカージャケットからセージグリーンのスエードのスカートスーツまで、このコレクションの中心です。

しっかりしたコットンの4ポケット・トレンチコートはパレンバーグスタイルを思わせますが、ベルスタッフのアーカイブのケープのようなコートは、軽量リネンブレンドで作り直してゆったりした、よりコンテンポラリーなフェミニンさを出しました。

4ポケット・トレンチコートとケープはどちらも撥水仕様で、ミリタリーの影響も見られます。ミリタリー調のボタンは、ストライプニットとクロップドレガリアジャケットにも使われています。このようなかっちりしたアイテムは、ベルスタッフの伝統的アウターウェアとそれにマッチする幅広のクロップドジーンズ、大胆な水玉のシルクのトップスとリヴがキャサリン・ヘプバーンからヒントを得たワイドパンツを基にした4ポケット・デニムドレスのような、もっとくつろいだデザインと並んでいます。

リヴのAW16カプセルコレクションのアミラのバッグは大変な人気のため、スエード、他のカラーで再提案されています。スタッズ付きサンダルを合わせれば完璧です。

アクロス・ザ・ワイルドネス・ベルスタッフSS17(ACROSS THE WILDERNESS BELSTAFF SS17)

ベルスタッフのSS17コレクションは、国防軍で女性のために運動して女性選挙権への道を切り開いたヴァン・ビューレン姉妹が1916年に敢行した5,500マイルの壮大なアメリカ横断バイク旅行を記念するものです。このコレクションは彼女たちが着ていたミリタリーとモトクロス風の衣服を参考にしながら、フェミニンな輪郭と共に2人が越えた風景をも取り入れています。

ベルスタッフコレクションのクリエイティブディレクター、デルフィーヌ・ニヌーは、「今年は、ヴァン・ビューレンの旅の100周年になりますが、彼女らがいかに進歩的だったかを痛感させられます。衣服を通して彼女たちの女性らしさと共に力強さも表現し、このような自然の力に触れたいと考えました」と説明します。

SS17メンズコレクションからも4つのスタイルを使用しています。旅の雰囲気とアメリカの野生を再現するため、モデルたちは荒涼とした平原を背にしています。

ベルスタッフCEOのギャビン・ハイは、「ベルスタッフはつねに自由に冒険したいと憧れる、大胆で独立した人物に惹かれ、それらの人々と当社のブランドの両方の極限を試しながら、その人たちのように装ってきました。ヴァン・ビューレン姉妹はこの精神の完璧な例で、彼女らがインスパイアしたこのコレクションは、女性らしさについて妥協することなく、ブランドの重要な特徴である保護、機能、スタイルの役割を果たしています」と述べました。

アウターウェアとレザーウェアはやはり重要ですが、ソフトなものが新たな重要性を帯びてきます。胸を覆うドレープやアシンメトリーな裾など、ランジェリーのディテールが大きく影響するのです。重要アイテムは、コットンシャツ、全体にルーシングの付いたシルクのドレスなどです。ジャージはモトクロスに着想を得ており、パンツはサイドストライプの赤と白がコントラストを際立たせ、ニットウェアは軽くてフェミニンながらミリタリーの下着にヒントを得ています。ベルスタッフはここで、ホワイトとシルバーのハイトップトレーナーを紹介しています。

ベルスタッフとイマッタ(Imatta:高級眼鏡の製造・流通で市場トップ)は本日、ベルスタッフ眼鏡の契約締結を発表します。2017年春発売のコレクション第1弾は、ベルスタッフのDNAであるバランスの伝統と革新にヒントを得ました。両サイドに金属メッシュ(取り外し可)の付いた丸型レンズのような新しい形と共に、アビエイター(Aviator)のようなクラシックがブリッジ(これも取り外し可)にベルスタッフの特徴的ワックスレザーを使って再登場しました。契約はサングラスのレンズとオプティカルレンズに関するもので、すべて最高の素材を使って日本で手作りされます。これらコレクションは、眼鏡店のほか世界中のベルスタッフストア、厳選したデパートの売り場、ファッションと旅行の小売店で販売します。

#AcrossTheWilderness
@Belstaff

ベルスタッフについて

ベルスタッフは、危険を冒して進む独立の精神を守りながら、冒険精神が深くしみ込んだ現代英国の伝統のブランドです。ベルスタッフの恐れを知らないスタイリッシュな探検家が、ベルスタッフの92年にわたる豊かな歴史に影響を受けながらも、現在にしっかりと根差し絶えず前向きな現代のライフスタイルに合った衣服を発見します。

ベルスタッフはロンドンに本社があり、ロンドン、ニューヨーク、ミラノ、ミュンヘンにショールームを構えています。ベルスタッフ製品は現在、ニューボンド・ストリートの旗艦店、欧州、米国とアジアの12店舗、世界中の厳選した卸売、およびリンク で販売されています。


ソース: Belstaff

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事