logo

AACSBがビジネススクール卒業生による5つの優れた世界変革の方法を公表

AACSB International 2016年09月20日 10時21分
From 共同通信PRワイヤー

AACSBがビジネススクール卒業生による5つの優れた世界変革の方法を公表

AsiaNet 65760(1158)

【タンパ(米フロリダ州)2016年9月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*第2回年次「インフルエンシャル・リーダーズ・チャレンジ(Influential Leadrs Challenge)」でコミュニティーに好ましい変化をもたらした30人の変革者とビジネス・パイオニアを表彰

今日、ますます多くのビジネススクール卒業生が学んだことを実業界だけでなく、社会全体に変化をもたらす目的に使おうとしている。ビジネススクール卒業生が現状打破を目指し奮闘するのに合わせ、AACSB International(国際マネジメント教育協議会、AACSB、リンク )はビジネススクール卒業生が世界中のコミュニティーでプラスの社会変化を起こしつつある5つの優れた方法を見つけ出し、それを発表した。

Logo - リンク

個人30人の貢献ぶりが20日、米ミネソタ州ミネアポリスで行われたAACSB年次認証会議で表彰された。これは模範的な行為を行い、社会に影響を与えた卓越した卒業生を表彰する目的で2015年に開始されたAACSBインフルエンシャル・リーダーズ・チャレンジ(リンク)の2016年大会の一環として行われたもの。

AACSB社長兼最高経営責任者(CEO)トーマス・R・ロビンソン氏は「2016年インフルエンシャル・リーダーズ大会はビジネススクールが企業の役員室の枠を超え、世界の隅々に住む人々に影響を与えていることを示している。リーダーは彼らのリーダーシップ、知識、スキルを世界の最も困難な社会問題と取り組むために使っており、世界中のビジネスや社会にプラスの影響をもたらす模範的な力になっている」と語った。

今年のインフルエンシャル・リーダーズ大会には11カ国から社会事業、ヘルスケア、技術など15以上の産業分野を代表するリーダーが参加した。リーダーは成功に至る活動分野やキャリアパスこそ異なるものの、その取り組みはビジネススクール卒業生が社会にプラスの影響を与える方法にはいくつかの共通点があった。

このパワフルなグループが行う貢献には以下の5つの傾向がある。

*革新と技術を創造的に生かす:ビジネススクール卒業生は革新と技術を通じて自らの活動範囲を拡大することで、創造力が持つ力を駆使し、社会に永続的で意味のある変化をもたらしている。革新と発展の最前線にいる彼らの中にはベンチャー・ビジネスを成功裏に立ち上げた人、Airbnbのジョナサン・ミルデンホール氏のように先端的なブランドを率いる人、英国のインターネット安全・セキュリティー担当大臣を務める人もいる。

*起業家精神を生かした教育、雇用の推進:卒業生は十分な行政サービスを受けられないコミュニティーに対し、自らの起業家精神を生かして教育や雇用の機会を創出している。例えば、ジブ・ムティアネ氏はアパルトヘイト下の南アフリカで生まれたが、2つの会社を興し、その一つは地方に住む女性が自ら会社を設立できるようエンパワーするものだ。他の卒業生の中には都市部の青年向けのメンター・プログラムを開発し、より良い世界を作るため、人々を鼓舞する世界的な起業家向けのカンファレンスを作った人もいる。

*多様性、包摂、平等の促進:ビジネススクール卒業生は多様性、包括性、平等が社会経済の発展に果たす重要性を熟知しており、不平等と戦うためのプラスの環境を作っている。サウジアラビアで成功したビジネスウーマンであるナシュワ・タヘル氏は自分たちを代弁してくれる人間が少ない若者と女性向けに雇用創出を目的とした2団体の共同創始者になり、Netflixのタワニ・クランツ氏は画期的な平等/無制限の育児休暇の採用に尽力した。同様に、他の卒業生もアフリカ系アメリカ人、退役軍人、身体障害者などの平等を提唱している。

*持続的な未来の創出:ビジネススクール大学院生は地球環境の向上、保護を目的にした持続可能なビジネス・プラクティスを採用している。ラーフル・プッシュ氏が共同創設したi-Solarliteはエネルギー効率の良い太陽ランタンを使って地方の住民が抱える電力の不安定供給の問題に取り組んでいる。同様に、アルゼンチンの運輸大臣ギジェルモ・ディートリッヒ氏はブエノスアイレスで代替および公共輸送機関を組み合わせた持続可能なインフラを作っている。

*健康な生活の保障:もう1つの最優先課題は自らの専門性を使って世界の健康問題に対するソリューションを見つけることである。ピート・プティ氏は息子を乳児突然死症候群(SIDS)で失った後、危険性がある幼児向けに初の家庭用生理機能モニターを開発した。同様に、アナルジット・シン氏は収入にかかわらずすべての人が払える医療を提供する病院を建てるなどして、インドのヘルスケア・システムを変質すべく働いている。

全受賞者のリストを含め、インフルエンシャル・リーダーズ・チャレンジについての詳しい情報はウェブサイト(www.aacsb.edu/Influential-Leaders )を参照。

▽AACSB International(国際マネジメント教育協議会)について
AACSBは教育の場とビジネスをつなぐ世界最大の教育ネットワークで、ビジネス教育に関するインテリジェンス、品質保証、プロフェッショナル開発サービスなどを世界91の国・地域の1500を超す機関に提供している。AACSBは1916年の創立で、世界765のビジネススクールを認可している。同社は世界本社を米フロリダ州タンパ、アジア太平洋本社をシンガポール、EMEA本社をオランダ・アムステルダムに置いている。詳しい情報はウェブサイト(www.aacsb.edu )を参照。

ソース:AACSB International

▽問い合わせ先
Amy Ponzillo
Senior Manager, Public Relations
MediaRelations@aacsb.edu
+1-813-367-5238

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。