logo

マーケットワン・ジャパン、マルケトと提携し、新サービス開始

マーケットワン・ジャパン 2016年09月16日 18時04分
From PR TIMES

ツール・人・ナレッジがフルアウトソーシングでき、短期間・低負担でマーケティングオートメーションの企画・設計・導入・運用・検証が可能な「デマンドセンターBPOサービス」

マーケティングオートメーション導入・運用のコンサルティングを提供するマーケットワン・ジャパンは、エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーである株式会社マルケトとの戦略的提携の下、2016年9月16日(金)より、マーケティングオートメーションの企画・設計・導入・運用・検証がフルアウトソーシングできる「デマンドセンターBPOサービス」を開始します。



マーケティングオートメーション導入・運用のコンサルティングを提供するマーケットワン・ジャパン(本社:東京都中央区、代表者:山田理英子、以下「マーケットワン」)は、エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーである株式会社マルケト(本社:東京都港区、代表者:福田康隆、以下「マルケト」)との戦略的提携の下、2016年9月16日(金)より、マーケティングオートメーション(Marketing Automation、以下「MA」*1)の企画・設計・導入・運用・検証がフルアウトソーシングできる「デマンドセンター(*2)BPOサービス」(以下「本サービス」)を開始します。

ここ数年で日本でも導入が目立つようになったMAですが、担当人材に高度なプロジェクト設計・管理力や幅広い知識が求められることや、利用企業側が用意するものや費用が負担と感じられるなど、課題も多く挙げられるようになってきました。

こうした状況を受け、マーケットワンでは、長年にわたるデジタルマーケティングおよびテレマーケティングの蓄積と、中立の立場でMAのツール導入・運用コンサルティングを展開してきた経験を基に、「導入企業のマーケティング・営業目標に対し適切な投資で短期間にMAを導入」することを目的に、マーケットワンの戦略的提携パートナーであるマルケトが提供するエンゲージメントマーケティングプラットフォーム「Marketo」を標準ツールとして採用した本サービスを設計・開発しました。なお、本サービスは、マルケトのパートナーエコシステム、LaunchPoint(R)(*3)で展開しています。

本サービスの主な特徴は以下のとおりです。
■ フルアウトソーシングが可能
「ツール、人、ナレッジ」の部分を全てマーケットワン側でカバーします。マルケトのツールを用いてこれらをフルアウトソーシングできるMAサービスベンダーは、国内ではマーケットワンのみとなります。
■ 利用企業側の負担が小さい
企画段階から設計・導入・運用・検証の全ての領域において一括した支援が可能なため、利用企業の負担が大幅に軽減されます。
■ 検証フェーズまでの期間が短い
最短6ヶ月で企画から検証までのサイクルを回すことが可能です。

[画像: リンク ]

(「デマンドセンターBPOサービス」のイメージ)

これにより、利用企業側は自社にMA導入・運用に必要な人材やノウハウが十分に保有・蓄積されていなくても、マーケティング・営業目標に対して最適なデマンドセンターを負担なく構築することが可能になります。さらに、運用状況に応じて切れ目なくグローバル展開も可能であり、マーケットワンのテレマーケティングの強みも組み合わせることで、ニーズに応じて成約確度を高める営業支援もカバーできるようになります。

マーケットワンでは、本サービスで2017年3月までに10件の受注を目標としています。


以上


<<参考資料>>
■ 本サービスについての両社のコメント
株式会社マルケト 代表取締役社長 福田康隆
マーケットワン・ジャパンとMarketoの連携による新サービス提供開始の発表を心より歓迎します。企業の 「グローバルでのマーケティングガバナンスを強化したい」「導入したが期待した効果が上がらない」「導入したいがどのような仕組みがあればいいのかわからない」といった声を聞く中で、MA導入・運用に必要な人材やノウハウの提供及び、テレマーケティングによる営業支援は、多くの顧客の要望に応えることができると考えています。マーケットワン・ジャパンが、本件を通じ、顧客の成功に貢献できることを期待しています。

マーケットワン・ジャパン 代表 山田理英子
柔軟性、拡張性のあるマルケト社のツールは、利用企業のマーケティング戦略に即したデジタルマーケティングを実現するうえで大きなアドバンテージになると捉えています。当社がこれまでの事業活動を通じて知見とノウハウを蓄積してきた、MAコンサルティングおよびデジタルマーケティングやテレマーケティングなどの施策との親和性が高いことも特徴です。今回のデマンドセンターBPOサービスを皮切りに、マルケト社のツールの効果を最大化するための各種サービスをさらに拡張していく考えです。

■ MAの市場について
矢野経済研究所の調査によると、日本国内の2014年のMAサービスの市場規模は事業者売上高ベースで168億円、2020年までに420億円に成長すると予測されています。
また、大手調査会社の英インフィニティリサーチ社の調査部門Technonaviによると、全世界のMAソフトウェア
の市場規模は2014年~2019年の5年間で年平均 9.29 %の成長と予測されています(「Global Marketing Automation Software 2015-2019」より)。
企業におけるマーケティング活動の費用対効果が強く意識されるようになったことを背景として、MAツールの導入の機運が世界的に高まっています

*1:マーケティングオートメーションとは:マーケティングの各プロセスおけるアクションを自動化するための仕組みやプラットフォームです。顧客や見込み顧客に対して、どのようなアクションを行ってきたかを記録し、「最適なコンテンツを、最適なタイミングで、最適な方法で届ける」ことを目的に利用されています。

*2:デマンドセンターとは:マーケティング活動の中でも、営業案件の創出を目的とした機能のことで、見込み客リストの収集・ニーズ喚起を経て、商機の発掘と営業による対面活動につなげるための、一連のプロセスを担う仕組みです。マーケティング領域のなかでも、実際の「成果」をだし営業につなぐための最終工程です。商談化までのリードタイムが長いBtoB企業においては、マーケティングROIの向上にとどまらず、対面営業活動の効率化にも寄与します。

*3:LaunchPoint(R)とは:マーケティングソリューションを提供するパートナー企業がMarketoとの連携ソリューションを開発・提供するためのプラットフォームです。LaunchPoint(R)の詳細は、リンク(英文)をご覧ください。


マルケトについて
マルケトは、獲得からアドボカシーに至るまで、マーケターと顧客との長期的な関係の発展を支援するよう設計された先進的なエンゲージメントマーケティングソフトウェアとソリューションを提供しています。マルケトはマーケターのためにマーケターによって設立され、マーケティングテクノロジーにイノベーション検討課題を設定しています。マルケトは経営理念をMarketing Firstに置いています。カリフォルニア州サンマテオの本社を始め、世界中にオフィスを設け、戦略的パートナーとして、多岐に渡る業界の大企業や急成長している中小企業を支援しています。Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォーム、パートナーエコシステムのLaunchPoint(R)、巨大なコミュニティMarketo Marketing Nation(R)の詳細については、リンクをご覧ください。

マーケットワンについて
マーケティング先進国の米国で創業し、現在では世界に7つの拠点を持つマーケットワンは、BtoB企業向けに案件創出型マーケティング実現のためのコンサルティングと実行支援サービスを提供しています。マーケティングオートメーションとテレプロスペクティングのノウハウを活用し、新規顧客の開拓から育成、案件化までの営業パイプライン生成基盤を構築。マーケティングROIの最大化に向けた、効果的なアカウント・ベースト・マーケティングを支援します。日本においては2003年より事業展開、拠点は2006年に設立しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。