logo

AVR-X6300H / AVR-X4300H11ch / 9ch アンプ搭載のプレミアムAVレシーバー2モデルを発売

株式会社ディーアンドエムホールディングス 2016年09月16日 13時14分
From PR TIMES

Dolby Atmos、DTS:X、全HDMI入出力HDCP 2.2対応

デノンは、11.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X6300H」、9.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X4300H」を2016年10月中旬に発売いたします。



[画像: リンク ]

AVR-X6300H、AVR-X4300Hそれぞれが、ハイエンドAVレシーバー「AVR-X7200WA」から多くの回路設計技術、ハイグレードなパーツ、高音質化のノウハウを受け継ぎ、ミドルクラスの価格帯および筐体サイズの制約の中であっても、ハイエンドに肉迫する表現力を実現し、提供することをターゲットに開発されました。
AVR-X6300Hは、最大出力250W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動)の11chのディスクリート・パワーアンプを搭載しており、パワーアンプの追加なしに[7.1.4]のサラウンドシステムを構築することができます。さらに、パワーアンプ回路には「AVR-7200WA」など歴代のハイエンドAVレシーバーで採用されてきた、モノリスコンストラクションを採用し、チャンネルセパレーションを向上させました。
AVR-X4300Hは、最大出力235W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動)の9chのディスクリート・パワーアンプを搭載。単体で[5.1.4]、[7.1.2]までのサラウンドシステムを構築することができます。また、AVR-X6300Hと同様に、11.2chプロセッシング / 11.2chプリアウトに対応しているため、パワーアンプを追加すれば、[7.1.4]までシステムを拡張することができます。
両モデルとも、新世代のオブジェクトオーディオ技術である「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。。HDMI端子は8入力/3出力すべてが4K映像コンテンツに対する著作権保護技術「HDCP 2.2」、そして映像のダイナミックレンジを拡
9月16日
張する新技術「HDR」や従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーに対応しています。
ネットワークオーディオ機能は、5.6MHz DSDファイルの再生に対応。PCM系のファイルは最大192kHz/24bitに対応しています。さらに、インターネットラジオ、AirPlay、Bluetoothなど様々な音楽コンテンツを楽しむための機能も充実。AVレシーバー本体およびネットワークオーディオ機能などの操作はiOS / Android / Amazon Fire対応の「Denon AVR Remote」で直感的に行えます。新たに2.4/5GHzのデュアルバンドWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n)に対応。高速かつ安定した通信が可能になりました。FM/AMチューナーは、FM補完放送「ワイドFM」にも対応。また、誰でも簡単に初期設定ができるようにガイドする「セットアップアシスタント」や日本語GUIがより分かりやすくなり、使いやすさにもさらに磨きがかかりました。
デノンについて
2010年10月1日に100周年を迎えたデノンは、日本初のレコード・蓄音器製造会社、および日本初の業務用 録音機器製造会社を起源とするプレミアムオーディオブランドです。世界初のデジタルPCMレコーダーを実用化 するなど、革新的な技術力と開発力は、世界中から高い評価を得ています。2001年からはその呼称を 「デンオン」から「デノン」に統一し、グローバルブランドとしてさらにその活躍の場を広げています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事