logo

フュートレックの子会社であるメディア総合研究所が、TV番組制作のノウハウを活かした法人向け映像制作サービスを本格開始

株式会社フュートレック(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:藤木英幸 以下、フュートレック)の子会社である株式会社メディア総合研究所(本社所在地:東京都渋谷区 代表取締役:江幡等)は、法人向け映像制作サービスを本格的に開始いたします。



 近年、デジタルインフラの驚異的普及により、動画コンテンツを視聴するメディアがテレビからインターネットへと著しい転換期を迎えています。これに伴い、動画マーケティングの先進国であるアメリカでは動画広告の市場規模は2015年ですでに9,400億円を超え、2019年までに1兆9,000億円まで成長すると予測されています。日本国内における動画広告市場も2020年には、2015年比4倍の2,000億円に達するといわれ(※1)、ビジュアルに訴える強い説得力を持ち合わせた動画のニーズが、今後ますます高まることは必然と考えられます。
※1 株式会社サイバーエージェント 2015年10月報道発表資料

 メディア総合研究所は今までNHKを始めとする地上波放送局、BS、CS、ケーブルテレビなどに向けて様々なテレビ番組を制作してまいりました。この度、より訴求力のある動画制作のニーズに応えるため、番組制作で培った企画力・演出力・映像制作のノウハウを活かして、下記の4つの特徴を持ったテレビクオリティーの映像を提供してまいります。

■「TVクオリティー」でも安心の価格設定と制作体制
 弊社専属のプロデューサーとディレクターが、直接お客様のご要望をヒアリングし、演出から納品までの全工程の制作を担当します。クラウドソーシングとは違い、お客様との直接的なコミュニケーションを通じて、共に作り上げる演出を心がけます。そのままTVで放映できるレベルの表現力・クオリティーの高い映像を担保しながら、リーズナブルな価格設定でご提供いたします。

■あらゆる映像コンテンツに対応
 企業プロモーションビデオ、動画広告、地域観光VTR、ドローン撮影、インターネット簡易生中継も可能です。先進的な「4K」の撮影機材や編集機材も取り揃えており、展示会、デジタルサイネージ用コンテンツなどにも対応しています。

■翻訳事業部門との連携によるワンストップの多言語映像制作
 40年以上の翻訳実績と約80ヶ国語に対応する自社内翻訳部門(翻訳業界国内売上高第4位※2)との連携により、ワンストップで多言語字幕や吹き替え動画の制作が可能です。
※2 日本国内翻訳企業対象:帝国データバンク2015年翻訳業界調査より

■映像を使用したインバウンド向けプロモーションサポート
 中華圏旅行者(中国、台湾、香港、シンガポール)の集客・誘客も、インバウンド向け広告媒体と連動させたハイクオリティー映像で効果的なインバウンドプロモーションを実現します。

 このようにメディア総合研究所は、情報、バラエティ一、ドキュメンタリー、報道とあらゆる番組制作で培った経験とノウハウを活かし、一般企業、官公庁、教育機関等に向けた動画制作ビジネスを積極的に展開してまいります。

 また本日、映像事業部のホームページを刷新し、サンプル映像ならびにサービスの詳細について掲載しております。

ぜひ下記ホームページをご覧ください。
映像事業部ホームページURL:
リンク
[画像: リンク ]


* 記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標の場合があります。
<お問い合わせ先>
○営業関連のお問い合わせ先
株式会社フュートレック 事業推進本部 インバウンド&プロモーション事業推進部
TEL: 03-6206-4850
ホームページからのお問い合わせ
リンク

○取材およびこのプレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社フュートレック TEL: 03-6206-4850
ホームページからのお問い合わせ リンク

※株式会社メディア総合研究所については、下記にお問い合わせください。
株式会社メディア総合研究所 映像事業部
TEL: 03-5465-5531  Email:eizo@mediasoken.jp
ホームページからのお問い合わせ
リンク

≪会社概要≫
会 社 名: 株式会社フュートレック
代 表 者: 代表取締役社長 藤木 英幸
設 立 日: 2000年4月17日
資 本 金: 7億1,657万円
業務内容: ・音声認識技術を利用したサービスの企画・提案、及びそれを実現するためのシステム設計
      ・インバウンド(訪日外国人招致)のプロモーションやコンサルティング等、各種サポート

会 社 名: 株式会社メディア総合研究所
代 表 者: 代表取締役社長 江幡等
設 立 日: 1993年10月25日
資 本 金: 1億円
業務内容: 翻訳・通訳サービス、IT企画・開発、映像制作、出版

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。