logo

高知県進出企業*のタッグによる「人“高知”能」計画発進!!~"AIといえば高知"とグローバルに認知される未来への挑戦~

株式会社Nextremer 2016年09月16日 11時32分
From PR TIMES

人工知能テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛ける株式会社Nextremer(代表取締役:向井永浩、以下「Nextremer」)の100%子会社である、人工知能技術開発の為の学習データを提供する株式会社dataremer(代表取締役:興梠敬典、以下「dataremer」)は、ゲーム運用における品質保証とカスタマーサポート(以下「CS」)をワンストップで提供する、株式会社SHIFT PLUS(代表取締役:松島弘敏、以下「SHIFT PLUS」)と、CS業務へのAIシステム導入に向けた資本業務提携の契約を締結しました。

*SHIFT PLUS:2015年4月、株式会社SHIFTと株式会社オルトプラスなどの共同出資により高知市に設立
*dataremer:2016年8月、高知県コンテンツ企業誘致制度を受け設立



[画像1: リンク ]



[画像2: リンク ]



【資本業務提携の目的】

< 「人“高知”能」計画の推進 >

この事業が目指すものは、「人“高知”能」計画の推進、AIといえば高知と広く世界に認知される未来を創ることです。高知県に本社または支社を置く3社には、高知から付加価値の高い事業を創造し、その発展に寄与していきたいとの強い想いがあります。そこでこの度、SHIFT PLUSが培ってきたCSに関する知見、Nextremerの対話エンジン開発技術、そしてdataremerの学習データ提供という3社の強みを結集し共同開発及びサービスを行うこととなりました。


<事業概要>

本事業は、CS業務における対話システム導入のサービス化を目指したものです。SHIFT PLUSの持つCS領域の知見やユーザー対応ノウハウを活用することで、業務効率化とホスピタリティの高いサービスの両方の実現を目指します。サービスの要となる対話シナリオについては、実際の対話実例などを交えながらdataremerと共同で作成していきます。人に「こんにちは」と言われて「こんにちは」と答えるのは、ソフトウェアとしては正解でも、良いコミュニケーションとは言えません。継続してユーザーに利用いただくための独自性のあるユーザー体験の提供が必要であると考えています。

CSでのAI活用の動きは既に始まっていますが、100%人の仕事をまかなうには更なる技術革新が必要です。そこで、対話システムはNextremer開発の、自然言語処理を用いた次世代の対話システム「MINARAI」を活用します。同システムの特徴は、《AIと人との協業》というフローがシステムに組み込まれている点、ユーザーとの会話が破たんした際には、人間のオペレーターに切り替わりその後の対応をひき次ぐだけでなく、その会話パターンを学習する事でより高度な対話を実現できるようになります。

上記のように、Nextremerによる優れたAIエンジンの提供、SHIFT PLUSの高品質なユーザー対応、dataremerと共同でのそれらの対話シナリオ化、この3つの連携が本事業のコアとなります。


【今後の展開について】

今後、本事業が目指すところは3社の強みである専門的なノウハウ・技術を核に、《AIと人の新しいコミュニケーションの形》を創り上げていくことです。将来的にはCSの他、様々な業界における営業支援や受付業務領域へのサービス展開も視野にいれ、2016年中に実証実験、2017年初旬にはサービス提供開始を目指して参ります。単なる地方拠点ではなく、高知から新しいサービスを生み出すことで、IT/IoT分野の産業集積を図っていきます。


【会社概要】

■株式会社SHIFT PLUS 
設立: 2015年4月
本社: 高知県高知市本町2丁目2番地27号
事業内容:主にゲーム、ウェブサービスに対するQA、CS、並びにSNS運用などのマーケティング支援業務を提供
リンク

■株式会社Nextremer  
設立: 2012年10月
本社: 東京都板橋区成増1丁目30番地13号
事業内容: オープンイノベーション事業(他企業との共同開発/共同研究)並びにAIを活用した対話エンジン開発・サービスの提供
リンク

■株式会社dataremer  
設立: 2016年8月
本社: 高知県南国市蛍が丘1丁目1番地1号
事業内容: AI技術開発のためのデータ収集サービス/導入先に応じた対話シナリオのプランニングサービス提供
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事