logo

ティッセンクルップ社がサービス介入強化で最新技術のマイクロソフトHoloLensの採用を発表

ティッセンクルップ・エレべーター社 2016年09月16日 10時17分
From 共同通信PRワイヤー

ティッセンクルップ社がサービス介入強化で最新技術のマイクロソフトHoloLensの採用を発表

AsiaNet 65757

【ニューヨーク2016年9月16日PRニュースワイヤー】


・HoloLensがサービス介入時間を大幅に短縮し、作業前および作業中の技術者をサポートします

・同ソリューションは、すでに数千台のエレべーターに接続されている、業界初の予知保全ソリューションMAXの導入成功に続きます

・現在MAXとクラウド接続されている象徴的な建物には、HoloLensが搭載されている1ワールド・トレード・センターが含まれます


ティッセンクルップ (thyssenkrupp) 社は本日、世界中のエレべーター・サービスの運転オペレーションにマイクロソフトのHoloLens技術を採用したことを発表しました。特殊な複合現実感デバイスは、より安全かつ効率的に仕事を行い、これまで以上に人々と都市が移動しやすい環境を促進するために、同社の24,000以上のサービス技術者に権限を与えています。

     
(写真: リンク )


サービス技術者はHoloLensを使用して、仕事前にエレべーターに関する問題を特定・ビジュアル化し、現場において技術的・専門的な情報へのリモート、ハンズフリー・アクセスが可能になり、大幅な時間短縮とストレス軽減もたらします。最初の実地試験は、すでに4倍高速のサービス・メンテナンスの介入が可能であることを示しています。


ティッセンクルップ・エレべーターのアンドレア・シーレンベック(Andreas Schierenbeck) 最高経営責任者(CEO)は「エレべーターが毎日10億以上の人々に利用され、同サービス業は都市を動かし続ける重要な役割を果たしています。当社はこの業界で変革をリードすることに絶えず力を注いでおり、技術者がストレスのない、より楽しい、より良い仕事ができるように最新技術、プロセスおよびトレーニングを導入しています。当社の目標は、効率を上げ、エレべーターのアップタイムを改善し、サービスの介入をスピードアップさせ、モビリティ機器が正しく作動していることを確認し、すべてのエレべーター利用者が最も安全で快適に移動できるサービスを提供することです」と述べました。


詳細は、リンク をご覧ください。

問合せ先:
ティッセンクルップ・エレべーター社
メディアへの広報窓口責任者
Michael Ridder
電話: +49-201-844 - 563054
michael.ridder@thyssenkrupp.com
ツイター: @Michael23Ridder

ソース:ティッセンクルップ・エレべーター社 (thyssenkrupp Elevator AG)

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。