logo

株式会社ブルックスホールディングスと包括連携協定を締結 -- 東京農業大学

東京農業大学 2016年09月16日 08時05分
From Digital PR Platform


東京農業大学(東京都世田谷区桜丘1-1-1/学長:高野克己)と、株式会社ブルックスホールディングス(本社:神奈川県横浜市青葉区美しが丘4-54-6/代表取締役社長:小川裕子)は、2016年9月9日に包括連携協定を締結した。


 同大は、日本最大の農学系総合大学として、生命・食料・環境・健康・エネルギー・地域創成など幅広い分野を対象に、グローバルな視野を持ち、農業および関連産業の将来を見据えた教育研究活動を行っている。
 株式会社ブルックスホールディングスは、「双方向性情報事業の展開を通じて心の安らぎとアメニティーを提供する」ことを経営理念とし、コーヒーやお茶の通販事業を行っている。2015年には60万平方メートルの自然豊かな敷地を含む大井事業所(神奈川県足柄郡)が未病いやしの里センター(仮称)の認定を受け、2018年春に神奈川県唯一の未病政策の拠点としてオープン予定。
 
 包括連携協定の主な内容は、
(1)食・農業・自然科学の分野において「未病の改善」を目的とする連携
(2)食・農業・自然科学の分野における「地域の活性化」に向けた連携
(3)相互協力による教育研究の推進に関する連携
(4)人材育成に関する連携
であり、今後は「未病いやしの里センター(仮称)」を中心として、農のイノベーション、業態のイノベーションを図っていく。

▼リリースに関する問い合わせ先
 学校法人 東京農業大学戦略室 上田・矢木
 〒156-8502 世田谷区桜丘1-1-1
 TEL: 03-5477-2300
 FAX: 03-5477-2707

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事