logo

マラソンのように苦しく、でもやみつきになると噂の、まったく新しいアイデア創出法『アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法』発売!

日本発のアイデアソン本。有名企業の導入事例、メソッドを紹介!

株式会社徳間書店(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野健一)は、『アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法』(須藤順・原亮)を9月13日に発売いたしました。



[画像1: リンク ]

「アイデアソン」とは、「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語で、facebookの「いいね!」機能を生んだと言われるハッカソンから、日本独自で進化をしたアイデア創出法です。
大手企業や大学、地方自治体などで導入事例が相次ぎ、今話題となっています。

本書では、多様な参加者の知見を総動員することで、「ひらめき」を連鎖させ、画期的なイノベーションを生み出すアイデアソンの手法、大手企業や地方自治体の導入事例、アイデアソンに用いる具体的なメソッドなどを、初公開しています。

「最近、会議がマンネリ化している」「新しい発想が浮かばない」など、アイデア創出に悩むビジネスパーソンには必読の一冊です。

<本書の内容より>


第1部「アイデアソンを知る」 アイデアソンとは?/共創を生み出すアイデアソン/アイデアソンを成功させるポイント
第2部「アイデアソンを作る」 企画作りのポイント/ファシリテーターを立てる/フォローアップ/当日の構成 etc.
第3部「アイデアソンを体験する」 リクルート、ソニー/ヤフー/富士通/パイオニア/NTTドコモ etc.
第4部「アイデアソンのメソッド」 自己紹介ワーク マイプロme編/スピードストーミング/マンダラート/リーンキャンパス作成ワーク etc.



<書誌情報>
[画像2: リンク ]



著書:アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法

著者:須藤順・原亮

ISBN:978-4198642259

判型/仕様:A5判ソフトカバー

発売:2016年9月13日より全国にて順次発売

定価:本体1700円+税

リンク


<著者について>

須藤 順(すとう・じゅん)

高知大学地域協働学部専任講師。博士(経営経済学)。社会福祉士。専門は、社会的企業論/社会起業家論、コミュニティデザイン論。医療ソーシャルワーカー従事後、医療関連施設の立ち上げ、福祉施設の経営コンサルティングに参画。その後、中間支援機関においてコミュニティビジネス/ソーシャルビジネスのコンサルティング、コミュニティデザイン支援、農商工連携/6次産業化等の支援を担当。(独)中小企業基盤整備機構リサーチャー等を経て、現職。


原 亮 (はら・りょう)

1974年生まれ。エイチタス株式会社代表取締役。法政大学法学部政治学科卒。編集者・ライターを経てモバイル業界に転身。営業、ディレクター、取締役等を歴任したのち、2009年、地元行政、企業と「みやぎモバイルビジネス研究会」を立ち上げ。ITベンチャーでの経験を活かしながら、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開。2014年「Global Lab SENDAI」代表幹事。2016年エイチタス株式会社を設立。


<本の購入はこちら>

Amazon:リンク

楽天ブックス:リンク

オムニ7:リンク

ほか、全国の書店にて発売


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


9月28日には、「アイデアソン」と、デンマークで産声を上げたビジネスメソッド「レゴ(R)シリアスプレイ(R)」と、それぞれのメソッドが体験できる勉強会を開催いたします。ビジネスシーンで今後ますます活用する機会が増えるであろうレゴ(R)シリアスプレイ(R)とアイデアソンを、この機会に是非体験してみてください!

組織を高めるビジネスメソッドを同時体験
「レゴ(R)シリアスプレイ(R)」&「アイデアソン」勉強会

【講師】

蓮沼孝氏/石原正雄氏
(『戦略を形にする思考術 レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる』小社より7月刊)

須藤順氏/原亮氏
(『アイデアソン! アイデアを実現する最強の方法』)


【イベント情報】

日時:2016年9月28日(木)19時00スタート
場所:TIP*S(独立行政法人中小企業基盤整備機構)
住所:東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区
参加費/募集人数:無料/50名
申し込み:徳間書店ホームページ リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。