logo

エンパイアステートビル展望台からニューヨーク市の目覚めを目撃

Empire State Realty Trust, Inc. 2016年09月15日 14時33分
From 共同通信PRワイヤー

エンパイアステートビル展望台からニューヨーク市の目覚めを目撃

AsiaNet 65752(1157)

【ニューヨーク2016年9月15日PRNewswire=共同通信JBN】エンパイアステートビルディング(ESB)は15日、世界的に有名な86階の展望台からニューヨーク市の日の出を見守る空前のイベント「Sunrise Experience(日の出体験)」を発表した。

ゲストはニューヨーク市の中心から遮るもののない360度の野外眺望で、この都市の目覚めを見て、聞いて、感じるまたとないチャンスを得る。チケットは日の出1回あたりわずか100枚が販売される。

エンパイアステートビルディングのロビーにあるSTATE Grill and Barが未明に起床したビジター限定で、「Empire State Building Sunrise Breakfast(エンパイアステートビル日の出朝食)」を提供する。新サービスではSunrise Experienceパスを購入する際、朝食コースのオプションを追加できる。

ジャン=イヴ・ガジ展望台長は「グランドキャニオンでは毎年、数千人が日の出を見ている。史上初めて、彼らはニューヨーク市の中心で同じことができる。地元住民であろうと海外からのニューヨーク訪問者であろうと、夜から日中まで眠らない都市を見るこの前例のないチャンスを逃さないでもらいたい」と語った。

Sunrise Experienceは当初、2016年10月1日から11月20日までに限定され、料金は1人100ドル。ゲストは日の出時刻の約30分前に86階の展望台に入場できる。限定枚数のチケットを購入できるが、予約が必要である。情報およびチケット予約は以下のサイト限定。
www.esbnyc.com/sunrise

▽エンパイアステートビルディング(Empire State Building)について
マンハッタン中心街にそびえ立つ高さ1454フィート(地上からアンテナまで)のエンパイアステートビルディングは、Empire State Realty Trust, Inc.が所有する「世界で最も有名なビル」である。エネルギー効率、インフラ、公共区域、アメニティーへの新たな投資によって、エンパイアステートビルディングは世界中のさまざまな業界の一流テナントを引き寄せている。この摩天楼の堅固な放送技術はニューヨーク都市圏市場の主要なテレビ局、FMラジオ局をサポートしている。エンパイアステートビルディングは、米国建築家協会が行った調査で米国の好ましいビルに選ばれ、エンパイアステートビルディング展望台は地域のナンバーワンの観光地として世界で最も愛されるアトラクションの1つである。

エンパイアステートビルディングに関する詳しい情報は以下を参照。
www.esbnyc.com
www.facebook.com/empirestatebuilding
@EmpireStateBldg
www.instagram.com/empirestatebldg
www.youtube.com/esbnyc
www.pinterest.com/empirestatebldg/

▽Empire State Realty Trustについて
有力な不動産投資信託(REIT)のEmpire State Realty Trust, Inc.(NYSE: ESRT)は、世界で最も有名なビルであるエンパイアステートビルディングを含め、マンハッタンとニューヨーク大都市圏のオフィス、リテール資産を所有、経営、運用、買収、再配置している。ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く同社のオフィス、リテールポートフォリオは、2016年6月30日現在で賃貸用面積が1010万平方フィートに上り、このうち940万平方フィートは14のオフィス資産(マンハッタンに9、コネティカット州フェアフィールド郡に3、ニューヨーク州ウエストチェスター郡に2)で、約70万9000平方フィートがリテールポートフォリオである。

ソース:Empire State Realty Trust, Inc.

▽問い合わせ先
Elizabeth Sullivan
+1 212.736.3100
esullivan@empirestaterealtytrust.com

Stacey-Ann Hosang
212.736.3100
shosang@empirestaterealtytrust.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事