logo

BrightVoltがNew Science Ventures主幹のシリーズB資金調達ラウンドを開始

BrightVolt Inc. 2016年09月15日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

BrightVoltがNew Science Ventures主幹のシリーズB資金調達ラウンドを開始

AsiaNet 65738(1150)

【レドモンド(米ワシントン州)2016年9月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*投資がBrightVoltの世界的成長に向けてバッテリー技術の前進を促進、IoT、医療機器、ウエアラブルに必要な新バッテリーを強化

極薄フィルム、フレキシブルバッテリーの設計、開発、量産で世界をリードするBrightVolt Inc.は14日、シリーズB資金調達ラウンドの開始を発表した。有名な科学関連ベンチャーキャピタル企業New Science Venturesが500万ドルのラウンドの主幹事となる。

Photo - リンク
Logo - リンク

BrightVoltのトッド・ピーターズ最高経営責任者(CEO)は「センサー、ラベル、医療機器、ウエアラブルなどIoT分野の拡大に伴い、BrightVoltバッテリー技術の市場潜在能力は大きな上昇傾向にある。特許取得済みの当社の画期的なバッテリー化学の利用は増え続けており、今回の投資によって当社は世界市場の需要に応えることが可能になる。New Science Venturesとの提携は新しいバッテリー開発をリードし、より安全でスマート、かつ強力なバッテリーを求める世界需要に応えための当社の能力を増進する」と語った。

BrightVoltは2017年に大きく成長する準備を整えるために、このシリーズB資金調達を利用し、同社の特許取得済みの中核バッテリー技術のPolymer Matrix Electrolyte(PME)を足場にして製造の拡大を継続していく。

New Science Venturesのパートナーで取締役のビベック・モヒンドラ氏は「半導体の所用電力が低下し続け、IoTアプリケーションが急成長したことから、多くのプレーヤーは、これらの分散するデバイスに電力を供給するためにフレキシブルなフォームファクターを求めている。BrightVolt独自の技術はバッテリー開発方法を変革し、新しいタイプのフレキシブルで安全なバッテリーに必要とされる分野のイノベーションを加速する。BrightVoltに対して当社が一貫して堅持しているコミットメントは、業界をリードする技術への強い信念と、同社が現在目指している方向を示している」と語った。

環境にさらされると可燃性で有毒性が生じる液体リチウムイオン・バッテリーとは異なり、BrightVolt極薄フィルム・フレキシブルバッテリーは固体であるので、例えばこれを加熱してラミネート加工し、スマートなセキュリティーカードやペイメントカードに使用することが可能である。

BrightVolt独自の技術は大規模なプリント製造向けに、より迅速な開発、よりコスト効率に優れた手段も提供する。この科学技術は1000万以上のBrightVolt極薄フィルムの製造に採用されており、将来の成長の基礎となっている。

BrightVoltは、この急速に拡大する市場への投資に関心がある関係者からの追加資金調達について評価をしている。

▽New Science Venturesについて
New Science Ventures, LLC(NSV)は、画期的な科学を活用してたぐいまれな価値を生み出す企業を設立することに注力する大手ベンチャーキャピタル企業である。NSVは科学をベースとしたイノベーションを利用して、ライフサイエンス(製薬、生物製剤、医療機器、診断)と、情報テクノロジー(高性能半導体、携帯電話インフラストラクチャー、センサー・ネットワーク、エンタープライズ・ソフトウエア、ストレージ)セクターの市場ニーズに応える企業に投資する。

▽BrightVoltについて
BrightVoltは極薄フィルムバッテリーの設計、開発、量産で世界をリードする企業である。同社の特許取得済みのLithium Polymer設計によって、BrightVoltは最も薄く、最も柔軟で、しかも最高のエネルギー密度を維持して、広範なIoTデバイスに電力を供給することが可能である。環境に優しく、米国製であるBrightVoltは世界で1000万以上のバッテリーを販売してきた。

リンク

ソース:BrightVolt Inc.

▽問い合わせ先
Venetia Espinoza
+1 206 255 0150
vespinoza@brightvolt.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。