logo

Cambium NetworksがIIoT向けのcnReachナローバンド無線ソリューションをリリース

Cambium Networks 2016年09月14日 11時05分
From 共同通信PRワイヤー

Cambium NetworksがIIoT向けのcnReachナローバンド無線ソリューションをリリース

AsiaNet 65686(1134)

【ローリングメドウズ(米イリノイ州)2016年9月13日PR Newswire=共同通信JBN】
*cnReachナローバンド無線通信は同社のエンドツーエンド無線ポートフォリオを完成させるとともに、IIoTネットワークのリアルタイム監視のためのクラウドベース管理プラットフォームであるcnMaestroを統合する

無線ネットワーキング・ソリューションで世界をリードするプロバイダー、Cambium Networks(TM)(リンク )は13日、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)、特に石油・ガス、電気・水道事業、鉄道、輸送、採鉱のアプリケーションにとって不可欠である長距離において極めて信頼でき、かつセキュアな送信向けのナローバンド無線通信cnReach(TM)を初公開した。無線ブロードバンド技術に対する10年以上の投資に基づき、Cambium Networksはネットワークエッジのセンサーをクラウドベースないしはプライベート・データセンターに接続するのに理想的で最適な認可済みの無線ナローバンド・ネットワーキング・ソリューションを提供することができる。同社はポイントツーポイント(PTP)バックホール(リンク )、ポイントツーマルチポイント(PMP)(リンク )アクセス、WiFi(リンク )無線ネットワーキング・ソリューションの製品群を系統的に進化させ、ワンホップで2メートルから245キロまで届く信頼でき、かつ手ごろな価格のコネクティビティーを提供してきた。

Logo - リンク

Petro Communicationsのマイク・ミッチェル社長は「cnReachのナローバンド接続は通信インフラストラクチャーとバックホールを延長するので、われわれはIIoTネットワーク・エンドツーエンド全体を管理できる能力と可視性を獲得した。われわれはセンサーデータを処理し、現場の最も離れた地点へ制御コマンドを送ることができる完全に依存可能な接続を必要としている」と語った。

Cambium Networksのアトゥール・バトナガル社長兼最高経営責任者(CEO)は「リアルタイムの可視性と複雑なオペレーションの制御を実装するために、業界リーダーはネットワークエッジのデータを適切に集め、それを蒸留し、分析と制御を提供し、さらにプライベートおよびクラウドベースのデータセンターに大量の累積処理情報を転送することができるアプリケーションを必要としている。われわれはcnReachプラットフォームによる完全なソリューションを提供し、ノードのデータをNOCに転送し、cnMaestro(TM)(リンク )が単一スクリーンでネットワーク全体を管理する」と語った。

cnReach N500無線通信は、極めて柔軟な無線ナローバンドおよびブロードバンド・ソリューションの全面的なエンドツーエンド・スイートを完成させ、オペレーションで最も離れた地点にあるデバイスを接続することによってIIoTイニシアチブを履行するための無線ネットワーク・ソリューション一式をネットワーク・オペレーターに提供する。製品は900MHzおよび700MHz周波数、さらに計画された追加周波数における認定、非認定のオペレーションをサポートするとともに、広範な内蔵I/O能力によってシリアル・ネットワークからall-IPネットワークへ転送を容易にする。

Cambium NetworksのcnReachの製品管理担当ディレクターであるブルース・コリンズ氏は「cnReachは累積したリアルタイム・データを洞察にあふれたナレッジと重大なアクションに変換することによって、公益事業、製薬、その他の重要インフラストラクチャーのオペレーターがインダストリアル・インターネットの全ての潜在能力を引き出すことを可能にする。cnReachは大規模なフィールドエリアネットワーク(FAN)においてセンサーと制御を相互接続するために極めて信頼でき、かつ弾力的な基幹通信インフラストラクチャーを提供する。このコネクティビティーは順守要件を満たし、安全を向上させ、効率性を上げるために極めて重要なデータおよび制御機能を提供する」と語った。

cnReachの主要機能は以下の通り。

*センサーおよび制御のトラフィックを実行するネットワーク全体の状況を監視するcnMaestroソフトウエア

*認可された700MHzに加え、単一の無線通信での認可および非認可の900MHz周波数;100、200、400MHz周波数帯域でのソリューションを含め、数カ月以内にサポートされる追加のRF帯域

*パスワード認証を備えたAES 128/256ビット暗号によるセキュアな通信

*アクセスポイント同期化および適応変調による極めて信頼がおける通信

*高効率なリレーおよびストアアンドフォワード・アプリケーションのためのシングルおよびデュアル無線通信の設定

*内蔵のマルチプル・シリアルポート、Ethernetポート、アナログ/デジタルI/Oによってシリアルからall-IPネットワークまでの広範なI/O能力

*ネットワーク設計者がCambiumのテクノロジー全般でネットワークの容量および可用性の両方を予測することを可能にする無料のプランニングツールであるLINKPlannerによる高度なネットワーク・プランニング

cnMaestro管理プラットフォームの主要機能は以下の通り。

*顧客がインフラストラクチャーおよびバックホールのリアルタイムないしはヒストリカルなフィールドエリアネットワーク・エッジの統計にアクセスすることを可能にするオープン・ノースバウンドRESTful API。これらのインターフェースはエンドツーエンド機器のヘルス、無線通信の効率性、ネットワーク・トラフィックを監視する外部アプリケーションを許可する

*非同期アラームと定期的な統計を複雑なイベント・プロセッシングおよびデータエンジンにセキュアにフィードし、企業ネットワーク管理および通知サービスへの統合をサポートするアラームレポーティングWebhooks API

*ネットワーク・バックホールの完全な可視化、管理容易性、信頼性を実現するcnReachロケーション管理。これによってIIoTデータおよびオペレーションは信頼でき、かつ効率的になることを保証する

高容量マイクロウエーブ・バックホール、ビデオ監視、リモートアクセス、専用回線の交換、WiFi、SCADA制御・監視システムのプライベート・ネットワーク・ソリューションの展開で長年の経験があるCambium Networksは、単一スクリーンから全てを管理できるIIoTソリューションのスイート一式を提供する。

cnReachは北米のCambium Networks代理店(リンク )で入手可能である。Cambium Networksは米中部夏時間9月15日午前9時からウェビナーを開催する(リンク )。

▽Cambium Networksについて
Cambium Networksは、インターネットに接続されていない人々、地域、モノを接続する無線ブロードバンド・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。Cambium Networksは、信頼性があり、スケーラブルかつ安定した無線ブロードバンド・ポイントツーポイント(PTP)、ポイントツーマルチポイント(PMP)およびWiFiプラットフォームの広範なポートフォリオを通じ、あらゆるサービスプロバイダー、すなわち産業、エンタープライズ、政府、サービスのプロバイダーが手ごろな価格で信頼できる高性能コネクティビティーを構築することを可能にする。同社は現在、500万以上の無線通信を150カ国以上の要求の厳しい数千のネットワークで展開している。Cambium Networksは米シカゴ郊外に本社があり、米国、英国、インドにR&Dセンターを持っており、信頼できる世界の一連の流通業者を通じて販売している。詳しい情報はwww.cambiumnetworks.com およびwww.connectingtheunconnected.org を参照。

▽問い合わせ先
Golin for Cambium Networks
Cyrus Hedayati
+1-415-318-4377
chedayati@golin.com

ソース:Cambium Networks

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事