logo

ITで福祉に挑戦する~新宿四ツ谷の就労移行支援事業所ルーツ7月1日OPEN~

株式会社LOGZ 2016年09月14日 09時00分
From PR TIMES

障がい者をお持ちの方のための、就労・職場定着支援

株式会社LOGZの手掛ける福祉事業「就労移行支援事業所ルーツ」が東京都新宿区に7月1日からついにOPEN!



[画像1: リンク ]



プログラミング教育やウェブ制作を行う、株式会社LOGZが7月1日より「就労移行支援事業所ルーツ」を開所しました。


【就労移行支援事業所ルーツとは】
就労移行支援事業というのは、18歳~65歳までの障がいをお持ちの方に向け、一般企業への就労を目指した支援を行う場所です。
「障がいのある方でも、自分らしく生きてほしい。」という想いのもと、就労・職場定着に向けた支援を行っています。


「履歴書や面接が上手く行かない」
「コミュニケーションが苦手で、仕事が続かない」
「仕事でアピールできるスキルを身につけたい!」
「相談できる人がおらず、何をしたら良いのかわからない」


そんな悩みを抱える方々に向けて、個別カリキュラムで訓練を行います。
ルーツでは、職場定着に向けたステップを4つに分類し、今自分がどの段階にいるのかを考えながらレベルに応じたカリキュラムを実践していきます。

[画像2: リンク ]

また、IT会社ならではのプログラミングやウェブ・デザインを学べるカリキュラムも用意しており、基本的なスキルだけではなく、自分をアピールするプラスαのスキルを学ぶことも可能です。

[画像3: リンク ]



【ルーツの強み】
1つ目は、「空間」。

[画像4: リンク ]


就労移行支援事業を立ち上げる際、スタッフと一番話し合ったことは、「就労移行支援事業所ルーツ」という場所をどんな所にするかということです。その中で出てきたのが、この「空間」です。
少し想像してみていただきたいのですが、暗くジメジメしたオフィスに出勤するのは億劫だと感じませんか?
しかし、格好いいオフィス空間というのは、そこで働く自分という明るいイメージを与えてくれ、働く場の雰囲気そのものが変わったりします。
単純な話かも知れませんが、「自分の働く場面を、ポジティブにイメージできること」はとても重要だと思っています。いいイメージを持つことで、そこへの意欲が上がっていくからです。

だからこそ、ルーツという場所は、「施設」ではなく、「格好いいオフィス」という空間として、創り上げてきました。


また、2つ目の強みは、「ITで福祉に挑戦する」という点です。

[画像5: リンク ]


ルーツの特長の1つには、「プログラミング教育」を上げておりますが、もちろん他の訓練も行っています。プログラミングは、弊社の提供できる強みとして、もちろん利用者さんに積極的に学んでいただきたいと思っています。
しかしそれだけではなく、ITの分野で仕事をしてきたからこそ、今の時代の利点を大きく活かすことが出来るのではないかと思うのです。
障がいの有無に関わらず、職場の定着率というのは重要な問題です。就労移行支援においても、「職場定着支援」というのは非常に大きなポイントです。

職場定着において、大事なのは「横のつながり」だとルーツでは考えています。というのも、一生涯スタッフが寄り添い続けるということは、現実的に無理が生じてしまうからです。もちろんそこへの努力は惜しみません。しかし、それよりも大きな力となるのは「横のつながり」だと思っています。
それを創るのに、LINEやFacebookなどは大いに役立っていくと思っています。何かあった時連絡を取り合える仲間がいること、SNSで個人の異変に気づけるということ、OBOGとのグループなど、、、アナログの人と人との関わりをもっと身近に引き寄せてくれるツールとしてITに携わっているからこそ出来ることがあると考えています。


「就労移行支援事業」というものは、まだあまり知られていませんが、ルーツという場所が、その支援を知るきっかけになればと思っています。利用者本人だけでなく、一緒に働くみなさんや、企業への働きかけの一つになれる事業所を創ってまいります。


◉会社紹介

運営会社 ︰ 株式会社LOGZ
事業所名 : 就労移行支援事業所ルーツ
所在地 : 〒160-0008 東京都新宿区三栄町29-6 Fビル5階
最寄り駅 ︰ 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」4番出口 徒歩7分
都営新宿線「曙橋駅」A4出口 徒歩5分
電話番号 ︰ 03-5315-4539
設立 : 2016年7月1日開所(株式会社LOGZは2015年6月16日設立)
URL : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事