logo

AWSではじめよう、ネットワークの世界 > 第5回 AWS提供のBIG-IP!? Application Load Balancer(ALB)

CTC教育サービスはコラム「 AWSではじめよう、ネットワークの世界 > 第5回 AWS提供のBIG-IP!? Application Load Balancer(ALB)」を公開しました。

###
こんにちは、もしくははじめまして。津村です。9月に入り、台風も過ぎ日差しもだんだん秋らしくなってまいりました。でも、もう10月の連休が楽しみの方もいらっしゃるかもしれませんね。

さて、今回はAWS Summit New York 2016のキーノートで発表され、2016/8/11にリリースされたばかりの、新しいロードバランサである「Application Load Balancer(以下ALB)」についてご紹介したいと思います。
「新しいモノですので、ちょっと...」と思われる方は、このコラム1~4を読みなおしてみましょう。そうすると、きっと理解できると思います。

fig01

1. ELBとALBの違いと、挙動について
従来のELB(Elastic Load Balancer - 第4回参照)では、以下の機能が提供されていました。

•Layer4によるロードバランジング(L4スイッチ)
•SSL終端(SSLラッパー)
•配下のインスタンスの死活確認
新しいALBは、リバースプロキシと呼ばれるものであり、別称「L7スイッチ」と呼ばれます。

•Layer7(アプリケーションレイヤー)によるロードバランジング(L7スイッチ)
•ルールベース・プライオリティベースによるルーティング
•SSLラッパー(HTTP/2対応)
•WebSocketネイティブ対応
•配下のインスタンスの死活監視
簡単にいうと、HTTP/HTTPSの接続をWebサーバの代わりに一旦受け取り(リバースプロキシ)、リクエストを解釈しルールに基づき(ルールベースのルーティング)、配下のサーバへ再度リクエストを行います(ロードバランジング)。

よって、従来のアプリケーションそのままではソースIPアドレスの解釈が異なる場合があり、mod_rpafといったApacheモジュールの追加や、nginxのコンフィグ修正、およびアプリケーションの書き換えにより動作を変更する必要がる場合があります。本件については後述します。

また、SSLラッパーはHTTP/2という新しいプロトコルに対応しており、フルSSLの環境では従来のELBのSSLラッパーより、より高速なサイト表示を実現します。

概念や作成方法についてはクラスメソッド様のブログが詳しいですのでそちらに譲ります。
リンク

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。