logo

サイバーテロ・組織犯罪関係者情報の可視化&追跡サービスβ提供開始-政治プレス新聞社=株式会社Sola.com

政治プレス新聞社 2016年09月13日 14時26分
From PR TIMES

政治プレス新聞社はサイバーセキュリティを専門とする株式会社Sola.comと技術提携し捜査・関係機関向けサイバーテロ/組織犯罪関係者追跡監視サービス「オムニオクルス」のβ提供を開始しましました。

捜査関係機関向け、注意人物&背後関連人物追跡サービス「Omnioculus(オムニオクルス)」をクローズドβ提供開始。



物理テロ、およびサイバーテロは近年ますます巧妙に組織化され、その関係者や予備群の連絡、指揮系統や手段は次第にサイバー空間に移され、その捜査や事前警戒、前後関係の解明は今やサイバー技術と連携しなくては成り立たないと言えます。

かかる情勢を鑑み、政治プレス新聞社ではその国際情勢とサイバー関連時事への取材力をもとにしたサイバーを中心とした危機管理・安全保障に関わる事例研究をグループ会社でシステムインテグレーション、およびサイバーセキュリティを専門とする株式会社Sola.comと共同研究することにより、この度共同で新サービスのOmnioculus-β(オムニオクルスβ)の試験提供を開始いたしました。

理論値100万人余りの人的関係を”重み(人物同士の近接度など)"付けし可視化

[画像1: リンク ]


β版では”ターゲット”とする人物を中心に、その直接の密接度に応じた3階層、理論値100万人(サイバー上の100万人のユーザ)の可視化に実現し、ターゲット人物が地理的・思想(嗜好)的にどのような人物と関わりが不快かの分析を実現しました。

表面化が顕著ではない関係性も漏らさず追跡

[画像2: リンク ]


犯罪行為やサイバーテロの実行を暗に企図する前後に関係性の隠避を図ろうとする人物関係も描画表示することにより、隠れた危険性についても容易に追跡が可能な分析を可能に。

特定人物から関係人物を辿り、個別の人物の関係性の描画を実現
基本機能で特定人物から放射状に関係する人物を辿り、個別の人物ごとにまたさらにその関係性を描画するインターフェイスを実装。再帰的な組織化の追跡により、隠れた背後の関係性の追跡を容易にしました。

試験導入・お問い合わせ
不正な利用の防止とβ試験の事情から、身元の確認できる捜査機関、および関係諸機関様に限定した公開をしております。
試験導入のお問い合わせは
・団体の正式名称
・利用目的
・ご担当者様の実名をフルネーム
を明記の上、以下までお問い合わせください。

株式会社Sola.com 先端技術R&D部門
高橋/中平
電話:022-234-9972
Mail:tech@solanets.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事