logo

「ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス」に4年連続で選出

大和ハウス工業株式会社 2016年09月13日 14時23分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月13日

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野直竹
大阪市北区梅田3-3-5

■世界的な社会的責任投資株式指数
「ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス」に4年連続で選出されました

 大和ハウス工業(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2016年9月8日、世界的な社会的責任投資 (SRI) (※1)株式指数である「ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス(DJSI Asia Pacific)」に4年連続で選出されました。
 「DJSI」(※2)は、アメリカの出版社S&P Dow Jones Indices社とスイスの調査・格付会社Robeco SAMが 共同開発した指標です。今回の「DJSI Asia Pacific」では、日本・アジア・オセアニア地域において、経済面・環境面・社会面での実績を様々な項目で分析し、持続可能な成長が見込まれる企業を選出しています。今年度は、同地域の主要対象企業600社のうち146社(うち日本企業68社)が選出されました。
 今回、当社は環境面において、方針やマネジメントの内容、気候変動や生物多様性への取り組みなどが高く評価されました。また、経済面ではサプライチェーンの仕組み、社会面では労働慣行・人権への取り組みが高評価を得ました。
 今後も当社は「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、世の中が必要とする商品やサービスの提供を通じて、豊かな住生活の実現と企業価値の向上を目指すとともに、持続可能な社会の発展に貢献していきます。
※1.企業への株式投資の際に、財務的分析に加えて、ESG(環境:Environment、社会:Social、ガバナンス:Governance)の評価を加味した投資手法。
※2.倫理規定、コーポレートガバナンス、リスク・危機管理、エネルギー管理・気候変動、生物多様性、利害関係者との信頼構築、地域社会の発展、人的資本開発、健康・安全性の管理を含め、様々な基準に基づいて企業を評価する指標。

■社外評価(IRに関する社外からの評価)について
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事