logo

WhoscallはiOS10の登場と共にインスタント着信識別とブロック機能を進化

ゴーゴールック株式会社 2016年09月13日 10時00分
From ValuePress!

WhoscallはiOS10の登場と共にインスタント着信識別とブロック機能を進化、そして今だけ無料の期間限定サービスを利用者に提供!Whoscallが所有する便利で豊富な情報データベースをぜひ体験してみてください。

iOS10 のリリースに伴い、Whoscallは、「発信者情報の識別」と「着信拒否」機能を率先して推進するアプリ開発会社です。Whoscallは様々な迷惑電話、勧誘電話、そして詐欺電話などを識別するだけでなく、行政機関、銀行、病院や有名企業などの電話番号を識別することも可能にし、利用者が出たくない電話を識別するのに役立つアプリです。Whoscallは今回のiOS10発表に合わせ、最新バージョンをApp Soreにて近日リリースし、利用者に期間限定の無料ダウンロードを提供します。


[資料: リンク ]

Whoscallは7億件以上の電話データベースを擁し、利用者が電話番号に関する情報を提供する「フィードバック」機能を備えており、データ量とその内容は常に更新されます。また、利用者はブロックしたい電話番号を拒否リストに追加するだけで、ブロックされた発信者から迷惑電話がかかってくることもなくなります。さらに、もしブロックを取り消したい場合は、拒否リストからその番号を削除すれば、簡単に着信拒否の管理ができます。
WhoscallのCEOである郭建甫(Jeff Kuo)は、「私たちは世界中で過去5年分の電話番号のデータベースを収集し、迷惑電話を識別する技術を確立しました。Whoscallは世界の国々で現地のデータ収集を強化し、利用者に最も信頼していただける電話サービスを提供します」と重ねて強調し、今後もWhoscallがより多くの人に愛用されることを目指しています。


[資料: リンク ]

WhosallとLINEは同じくNAVERグループに所属しています。現在本社は台湾にあり、韓国、香港、タイ、ブラジルなど各地にオフィスを設置しています。
お問い合わせは下記連絡先までお願いします:
service@gogolook.com
Whoscallをダウンロード:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。