logo

Datorama、米VCライトスピードから3,200万ドルを調達

Datorama Japan株式会社 2016年09月12日 21時30分
From PR TIMES

グーグルのエリック・シュミットが出資するイノベーション・エンデヴァーズ、そしてマーカーLLCも参加

マーケティング・アナリティクス企業のDatorama(デートラマ)は米VCライトスピード・ベンチャー・パートナーズからシリーズCラウンドとして、3,200万ドル(約32億6,400万円)を調達したと発表致しました。
今回の出資にはエリック・シュミットが出資するイノベーション・エンデヴァーズ、そしてマーカーLLCも参加しています。Datorama創業以来の合計調達額は5,000万ドル(約50億円)となりました。

ニューヨーク発ー9月12日、マーケティング・アナリティクスのグローバルイノベーター、Datoramaは米VCライトスピード・ベンチャー・パートナーズからシリーズCラウンドとして、3,200万ドル(約32億6,400万円)を調達したと発表致しました。
今回の出資にはエリック・シュミットが出資するイノベーション・エンデヴァーズ、そしてマーカーLLCも参加しています。Datorama創業以来の合計調達額は5,000万ドル(約50億円)となりました。企業評価額は非公開です。
今回の出資は主に人工知能(AI)の研究開発に投資する予定です。Datoramaには機械学習機能が実装されていますが、そのさらなる発展のために、AI研究開発が進められています。また、グローバルビジネス拡大、そして、重要なカスタマー対応及び高い成長を担う優秀な人材採用を支える資金ともなります。

Datoramaはすでに数千のブランド、数百の広告代理店、パブリッシャー、テクノロジー企業にマーケティング統合エンジンとして活用されています。ロレアル、Foursquare、Yahoo! Japan、Godaddyなど導入した多くのグローバル企業にとって、Datoramaは事業成長の大きな助けとなっています。
最近では、Datoramaの委託を受け、フォレスター・コンサルティングが実施したThe Forrester Consulting Total Economic Impact™ (TEI)で、エンタープライズ・カスタマー1社につきDatoramaが980万ドルの経済価値をもたらしたことが明らかになりました。また、ガートナーの2016年度データ・ドリブンマーケティング分野のクールベンダーのひとつとしても選出され、さらに2015年デロイト・イスラエルが選ぶ急成長中の企業50(Fast 50-Rising Star)のひとつとして、売上成長率694%を理由に選出されています。

「今回の調達はDatoramaにとってまさに決定的な瞬間です」とDatoramaの共同創業者兼CEOのラン・サリグ。「非常に複雑を極めるマーケティング・テクノロジー市場で、素晴らしい成功を収めていることは誇りに思うが、この状況に甘んじはしません。最善のソリューションとして、さらなる改善・開発をし、機械学習がどれだけマーケティング分析能力を持ちうるのか、その境界を押し広げていきます。私たちの『ネクスト』をお見せするのが楽しみです」。
「私たちライトスピードはDatoramaと一緒に仕事をするのを楽しみにしています。同社は、急速に拡大しているカスタマーたちに、莫大な価値をもたらし続けると信じています」とライトスピード・ベンチャー・パートナーズのパートナー、デビッド・グサルスキー氏。「Datoramaは近いうちに、マーケティング・テクノロジー界で揺るぎない地位を確立すると自信を持っています」。
「Datoramaの急成長を見ているのは、とても興奮します。まだかなり若い企業なのに、極めて印象的です」とマーカーLLCのパートナー、リック・スカンロン氏。「Datoramaのプラットフォームは比類なきものです。マーケットのポジティブな反応を早い段階から見るにつけ、Datoramaの成功に貢献するよう投資し続けるべきだと考えています」。

Datoramaのマーケティング統合エンジンは、今日、データ・ドリブンマーケターが直面する最も困難な課題に取り組んでいます。マーケティング部門が持つ複雑で、サイロ化したあらゆるデータをスピーディーに統合していきます。常時増大し続ける広告、マーケティング、セールス、CRMテクノロジーのランドスケープは、マーケティング・テクノロジー全体を拡大しています。そうしたテクノロジーを通じて、オンライン・オフラインを問わず流入する膨大なデータを統合すること。そこにこそ多くのマーケターが頭を悩ましています。その煩雑な部分をDatoramaはAIを通じて、マーケティング統合エンジンにより全てのデータを自動的に統合します。
Datoramaのプラットフォームは業界をリードするデータ統合機能を有し、エンドツーエンドマーケティング分析ソリューションとして、ビジネスユーザー自らが活用できます。その機能は多岐にわたり、特許出願中のデータモデリング、キャンペーンマネジメントツール、直感的に分かりやすいデータ可視化、そして、リアルタイムデータの分析からインサイトまでを伝える先進的な分析機能を備えています。Datoramaは企業、広告代理店、パブリッシャー、プラットフォームまで、あらゆる規模の事業で、全てのマーケティングデータを統合する力となります。そして、実証し、修正する、この二つを迅速に実行できるようサポートしています。この二つは、データ・ドリブンマーケティング環境の中で、後手に回っている部分です。その迅速化にDatoramaは大きな力となります。

ライトスピード・ベンチャー・パートナーズについて
ライトスピード・ベンチャー・パートナーズは、エンタープライズ、コンシューマー分野のディスラプティブなイノベーションやトレンドの成長スピードを加速化させるべく、アーリーステージに投資するベンチャーキャピタル。20年あまりにわたり、同社は数百の起業家に投資し、300社以上の企業設立を助けてきました。近年は、米国内外にわたって40億ドル以上の資金を有し、それをシリコンバレー、イスラエル、インド、中国のアドバイザー及び投資専門家たちとともに、米国内外に投資しています。詳細はwww.lsvp.com

Datoramaについて
Datoramaは2012年創業の米国拠点のマーケティング・アナリティクス企業として、世界唯一のマーケティング統合エンジンをブランド企業、広告代理店、メディア運営会社、マーケティング系プラットフォーマーに提供しています。Datoramaのsoftware-as-a-service (SaaS)型プラットフォームは、数十から数百のデータソースを唯一のデータソースとして統合し、より効果的なレポート作成、さらに、迅速な意思決定を支え、マーケティング活動全体の統一的な管理を可能にします。エンドツーエンド・マネジメントと機械学習(AI)技術、高機能なアーキテクチャが組み合った唯一無二のソリューションが、全てのレベルのデータ・ドリブンマーケターたちが、あらゆるマーケティングデータを繋ぎ、統合し、分析し、意思決定することを容易に実現します。Datoramaは数千のトップ企業のマーケティング分析を支え、現在全世界14拠点でビジネスを展開しています。
公式サイト(英語):www.datorama.com
Datorama Japan公式Facebookページ:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。