logo

25カ国の学生が熱く討論する -- 125周年記念事業 第16回世界学生サミット開催 -- 東京農業大学

東京農業大学 2016年09月13日 08時05分
From Digital PR Platform


東京農業大学(東京都世田谷区桜丘1-1-1、学長:高野克己)では、学生団体である世界学生フォーラム(ISF)が運営する「新世紀の食と農と環境を考える 世界学生サミット」を、同大の海外協定校をむかえ、9月29日(木)、30日(金)に開催する。


 今年度で16回目を迎える世界学生サミットは、同大と海外協定校による学生組織「世界学生フォーラム(ISF)」が中心に運営を行う世界規模の学生会議。昨年度の世界学生サミット(東京農業大学にて開催)にて決定されたテーマに基づき、発表と討論を2日間かけて行う。

 また、今年度は25カ国の海外協定校が参加を予定している。それぞれの地域での活動を通じ、地球規模の問題解決の貢献へつながる学生の白熱した議論、情報交換が期待される。各国代表が一挙に登壇する総合討論は必見。

◆今年度のテーマ
 『世界規模で普及する集約農業の下での環境正義の推進』  
【概 要】
 日時: 9月29日(木)・30日(金)  9:00~17:00
 場所: 東京農業大学世田谷キャンパス 百周年記念講堂 (厚木・オホーツクキャンパスも同時中継)
 内容: 各国プレゼンテーション、ポスターセッション
 主催: 東京農業大学
 入退場自由・参加費無料・同時通訳

▼リリースに関する問い合わせ先
 学校法人 東京農業大学戦略室 上田・矢木
 〒156-8502 世田谷区桜丘1-1-1
 TEL: 03-5477-2300
 FAX: 03-5477-2707

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。