logo

千葉工業大学がロボットイベント「ロボパ!」を開催 -- 10月2日に長野、16日に仙台、11月27日に博多で実施

千葉工業大学 2016年09月12日 08時05分
From Digital PR Platform


千葉工業大学(千葉県習志野市)は、ロボットイベント「ロボパ!」を全国3会場で開催する。これは、同大未来ロボット技術研究センター(fuRo)が開発した最先端のロボットと触れ合い、その働きを知りながら、ロボットと暮らす未来を考えるというもの。fuRo所長の古田貴之氏が講師を務める。10月2日(日)に長野、16日(日)に仙台、11月27日(日)には博多で実施。参加無料、要事前申し込み(各会場とも定員になり次第締め切り)。


 千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)は、ロボット技術で人々の文明・文化の進歩に貢献できることを目指してロボットの研究・開発を行っている。同センターはこれまでに、東日本大震災後の福島第一原発建屋内探索や、熊本地震で被災した建物を探索するロボットを開発してきた。

 今回のイベントでは、災害対応ロボット「櫻弐號(サクラニゴウ)」のほか、多関節ホイール・モジュールを8脚装備した移動ロボット「Halluc IIχ(ハルクツー・カイ)」など未来のロボットが登場する。概要は下記の通り。

◆「ロボパ!」概要
■長野
【日 時】 10月2日(日)14:00~16:00
【会 場】 長野放送NBSホール(長野県長野市岡田町131-7)
【主 催】 千葉工業大学
【後 援】 産経新聞社、長野放送、長野県教育委員会、熊本県宇土市
【申込フォーム】
 リンク

■仙台
【日 時】 10月16日(日)14:00~16:00
【会 場】 TKPガーデンシティ仙台(AER内)21階ホールA(宮城県仙台市青葉区中央1-3-1)
【主 催】 千葉工業大学
【後 援】 産経新聞社、仙台リビング新聞社、宮城県教育委員会、熊本県宇土市
【申込フォーム】
 リンク

■博多
【日 時】 11月27日(日)14:00~16:00
【会 場】 TKPガーデンシティ博多新幹線口 5階プレミアムホール(福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14 福さ屋本社ビル内)
【主 催】 千葉工業大学
【後 援】 産経新聞社・西日本新聞社・熊本県宇土市
【申込フォーム】
 リンク

【講 師】
・古田貴之(千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長)
 1968年生まれ。1996年、青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程中退後、同大学理工学部機械工学科助手。
 2000年独立行政法人科学技術振興機構のロボット開発グループリーダーとしてヒューマノイドロボットの開発に従事。2003年6月より現職。
 2014年2月より学校法人千葉工業大学 常任理事。
 著書に『不可能は、可能になる』(PHP研究所)がある。

●ホームページ
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 「ロボパ!」イベント事務局
 TEL: 0120-650-547(※平日10:00~17:00)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事