logo

個人型確定拠出年金 商品ラインナップ第1弾発表

楽天証券 2016年09月09日 19時30分
From PR TIMES

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2016年9月下旬にサービスを開始する個人型確定拠出年金(以下「個人型DC」)で取り扱う商品ラインナップの一部を決定いたしましたので、お知らせいたします。



個人型DCは、加入者自らが拠出した掛金を自ら運用し、原則60歳以降に運用結果に基づいて給付を受けることができる制度です。老後の資産形成を目的とした長期に亘る資産運用を行うため、投資信託の信託報酬などの運用期間中にかかるコストの差が長い目でみるとパフォーマンスに大きく影響します。

このため、楽天証券では、個人型DCの商品ラインナップに業界最低水準の信託報酬の投資信託など、積立との相性が良く、長期投資に適した商品を中心に取り揃えました。

さらに今回、個人型DCの運用商品としては、業界初となる「ステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)」、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」、「セゾン資産形成の達人ファンド」、「たわらノーロード 日経225」、「iTrust日本株式」、「iTrust世界株式」の計6本を提供いたします。

このうち2本の投資信託を運用する独立系資産運用会社のセゾン投信株式会社は、設立時より、販売金融機関を介さずに直接、お客様に商品を販売してきましたが、今回初めて、楽天証券を介して投資信託を提供します。

これら充実した商品ラインナップを取り揃えることにより、個人型DCをもっと身近に、もっと便利にご利用頂き、加入者拡大や制度普及に努めて参ります。

なお、残る取り扱い予定のラインナップについては、決定次第、近日中にお知らせいたします。

※本件は、国民年金基金連合会ほか関連各所との契約を条件としております。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

(※1)関連各所への確認が取れ次第、商品名を公表いたします。
(※2)詳細決まり次第、楽天証券ホームページ上でご案内いたします。
(※3)2016年8月末時点

【手数料等およびリスクの説明について】
楽天証券の取扱商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスクについては、楽天証券ホームページの「投資にかかる手数料等およびリスク」ページに記載されている内容や契約締結前交付書面等をよくお読みになり、内容について十分にご理解ください。

商号等:楽天証券株式会社 (楽天証券ホームページ)
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事