logo

世界80か国、161都市、406のISPでの監視が可能「オンラインサービス稼働状況監視サービス」提供開始

株式会社Spelldata 2016年09月10日 00時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年9月10日

株式会社Spelldata

株式会社Spelldata「オンラインサービス稼働状況監視サービス」提供開始

オンラインサービス稼働状況監視サービス
リンク


「オンラインサービス稼働状況監視サービス」提供開始に至った背景

昨今、海外の市場や顧客に向けた越境ECや、2020年に開催する東京オリンピックに向けて海外向けのWebサイトでの商品販売や情報発信、ホテルや旅館の予約サイトが注目されています。
しかし、現状の日本のWebサイトは、日本の良好な通信環境に依存した、重いページが多く、海外で閲覧すると、表示を完了させるのに30秒以上かかる非常に遅いサイトが数多くあります。

年々、インターネット内部の通信状況は、通信量そのものの増加に加えて、サイバー攻撃の増加、それらの負荷によって、遅延傾向にあり、障害も数多く発生しています。

この状況が、日本国内の企業の担当者の間で、まだ認知されていない事を鑑みて、海外向けのサービス展開の一助になればと思い、サービスを開始いたしました。

「オンラインサービス稼働状況監視サービス」の特徴

1. 品質管理の基礎となる「実験計画法」の三原則に基づいた計測
2. 世界80か国、161都市、406のISPでの定常計測・監視が可能
3. 遅延やコンテンツエラー、接続エラーなど、異常検知時、即座にアラートメールでお知らせ


「オンラインサービス稼働状況監視サービス」概要

デスクトップ向けWebサイト、スマートフォン向けWebサイトの表示速度や、繋がりやすさを最短で5分間隔で、24時間365日、日本国内や、世界各都市で計測・監視することが可能です。
また、クラウドコンピューティングの普及に伴い、システムを配置するAmazon Web Service、IBM SoftLayer、Microsoft Azureの世界各地のデータセンターでの監視も可能となっています。

1ユーザとして、能動的・自動的に、対象Webサイトに対してアクセスして計測を行うので、エラーを確実に捉えます。
また、実際のWebブラウザを利用して計測するので、ダウンロード時間ではなく、ユーザが体験する表示開始時間や、操作可能時間を、スクリーンショットやフィルムストリップ付きで把握できます。

遅延やエラーの原因が明確に分かって対処可能となる、実行可能データもご提供します。

越境ECや、BtoBの市場開拓で注目を集めている中国、韓国、東南アジア諸国
訪日観光客やゲーム市場として注目を集めている中近東諸国、
中古車市場として規模が拡大しているアフリカ諸国など
欧米以外の市場も広範囲にカバーしています。

価格は、デスクトップ向けWebサイトは、1ページ(3MBを超える毎に1ページ増加として計算)、1 ISPあたり、月額21,300円(税抜価格)からご利用頂けます。


株式会社Spelldataについて

株式会社Spelldataは、Webサイトの品質を専門分野とする、データ分析企業です。
Webサイトの配信品質・情報品質の分析・評価のリーディングカンパニーとして、Spelldataは、お客様のWebサイトが国内・海外ともに快適に、エラーなく表示されて、かつ価値の高い情報を配信できるようにします。
Spelldataの取得する実行可能データとその分析により、デバイスと場所を問わず、コンシューマ体験、エンタープライズ体験、およびエンターテイメント体験を、企業が最適化する方法として、統計的品質管理手法を普及していきます。

Spelldata Webサイト: リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。