logo

『ヘルスケアIoTコンソーシアム』の設立及びキックオフ総会開催

ヘルスケアIoTコンソーシアム 2016年09月09日 10時49分
From PR TIMES

ヘルスケア情報を個人が自分の意志と権限で流通させ、健康増進に向け個人に合わせた行動変容をアシストする社会「パーソン・ドリブン・ヘルスケア社会」を目指して

東京大学・北海道大学・広島市立大学・株式会社ニューチャーネットワークス・インタセクト・コミュニケーションズ株式会社などが中心となり、ヘルスケア情報を個人が自分の意志と権限で流通させ、健康増進に向け個人に合わせた行動変容をアシストする社会基盤づくりを目的とした『ヘルスケアIoTコンソーシアム』を、2016年9月9日に設立いたします。また、設立を記念して、9月9日当日に『ヘルスケアIoTコンソーシアム』キックオフ総会を開催いたします。



『ヘルスケアIoTコンソーシアム』公式ホームページ リンク

『ヘルスケアIoTコンソーシアム』とは

[画像: リンク ]

個人の健康・行動・環境などのデータを個人に集め、個人の権限で管理・運用・活用する「データ流通インフラ」と「IoTプラットフォーム」の構築、それにより個々人が健康意識を高め行動変容を起こすことで生活の質を向上させる社会「パーソン・ドリブン・ヘルスケア社会」を目指しています。そのためのヘルスケア関連産業の活性化や新規需要の創出支援、さらには、国民医療の経済性向上を目的とした産業横断的組織です。
本コンソーシアムは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業である「クリーンデバイス社会実装推進事業/IoT社会の実現に向けた電子・情報分野事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発/個人主導型の健康データ流通社会を実現するヒューマンセントリックIoTシステムの研究開発」の一環として設立いたしました。


コンソーシアム設立の目的
1. ヘルスケア情報を個人に集め、個人が自分の意志と権限で、企業、産業横断的に流通させる社会の創造
2. 健康情報を企業、産業横断的に流通させるセキュアなIoTプラットフォームの構築
3. 個人がヘルスケアデータを提供し、自身の健康増進の為に行動変容を起こす動機となるサービスの提供


本会の会長には、東京大学大学院教育学研究科の教授で健康情報学が専門の山本義春先生が就任。理事会には、東京大学医学部附属病院心療内科科長の吉内一浩先生、TMI総合法律事務所のパートナー弁護士であり、東京大学法科大学院の教授でもある淵邊善彦先生、プラットフォーム開発を担当するインタセクト・コミュニケーションズ株式会社・代表取締役社長 譚玉峰氏、事務局を務める株式会社ニューチャーネットワークス・代表取締役 高橋透氏が理事として就任いたします。


【『ヘルスケアIoTコンソーシアム』 キックオフ総会 開催】
『ヘルスケアIoTコンソーシアム』の設立を記念して、2016年9月9日にキックオフ総会を開催いたします。
本キックオフ総会では、コンソーシアムの概要および活動計画をご紹介、またヘルスケアIoTをテーマにした理事による講演の他、産業技術総合研究所 人工知能研究センター 首席研究員の西田佳史氏をお招きし、日常行動データ分析と活用例についてご講演いただきます。
日時:2016年9月9日(金) 13:00~17:00
会場:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)大会議室
主なプログラム:
◆開会挨拶・コンソーシアム紹介 「パーソン・ドリブン、データ流通、行動変容を狙ったコンソーシアム活動」
(コンソーシアム 理事、株式会社ニューチャーネットワークス 代表取締役 高橋 透)
◆基調講演 「日常生活インフォマティクス~サテライトリビングラボを用いた日常行動データ分析と活用~」
(産業技術総合研究所 人工知能研究センター 首席研究員 西田 佳史氏)
◆講演 「IoTによって変わるヘルスケアの可能性」
(コンソーシアム 会長、東京大学大学院教育学研究科 教授 山本 義春)
◆講演 「日常生活のモバイル行動医学」
(コンソーシアム 理事、東京大学大学院医学系研究科 准教授、東京大学医学部付属病院心療内科 科長 吉内 一浩)
◆講演 「ヘルスケアIoT、データ流通に必要なプラットフォームとは」
(コンソーシアム 理事、インタセクト・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役 譚 玉峰)
◆講演 「ヘルスケアデータ流通における法的検討課題」
(コンソーシアム 理事、TMI総合法律事務所パートナー弁護士、東京大学大学院法学政治学研究科 教授 淵邊 善彦)
◆パネルディスカッション 「ヘルスケアIoTコンソーシアムで検討すべき課題と期待」

==============================================
コンソーシアムの主な活動内容

■健康データ流通横断プラットフォームの開発
■データ流通に伴うAPI等の共通化・標準化企画
■行動変容支援システム開発
■健康データを活用した新規サービスの創出と事業化支援
■健康データ活用ビジネスの実証
■データ流通、サービス化に伴う法制度・グレーゾーン対応
■ヘルスケアIoT関連セミナー・勉強会・ワークショップ等の開催
■ヘルスケアIoT関連最新情報の収集・発信


入会のご案内
『ヘルスケアIoTコンソーシアム』では、現在会員募集中です。会員になりますと
・コンソーシアム主催の勉強会、セミナーへの参加(無料)
・コンソーシアム主催ワークショップへの参加(無料)
・報告書、関連データ、最新情報の入手
・参加企業、大学、専門家とのネットワーキング
・議事録の閲覧
などの特典がございます。現在、設立記念として初年度入会特典もございます。
詳細は公式ホームページ(リンク)でご確認ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。