logo

大阪電気通信大学デジタルゲーム学科が9月15~18日の「東京ゲームショウ2016」に出展 -- VRゲームなどの力作を多数取り揃え

大阪電気通信大学 2016年09月09日 08時05分
From Digital PR Platform


大阪電気通信大学総合情報学部デジタルゲーム学科は、9月15日(木)~18日(日)に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2016」に出展。話題のVRゲームなど、学内コンペを勝ち抜いた力作が多数揃う。また、国際企画のうちの一つ「センス・オブ・ワンダーナイト2016」では、同学科高見研究室の「アドバンスド摩訶大将棋」が日本からは唯一ファイナリストに選出され、プレゼンテーションを行う。


 大阪電気通信大学総合情報学部デジタルゲーム学科は、今年で20周年を迎える世界最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ」に、2007年から10年連続で出展している。
 出展作品は、多くの学生が応募した中から数カ月にわたる学内コンペを経て選出。ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」を使用し、まるで自分が本当にゲームの中にいるような感覚を体験できるVRゲームなど、今年も力作が多数揃う。

 また、同学科の高見研究室がインディーゲームコーナーにブースを出展。摩訶大将棋(※)にコンピュータ支援機能とネットワーク対局機能を付けた「アドバンスド摩訶大将棋」の展示と解説を行う。
 なお、同研究室の「アドバンスド摩訶大将棋」は、日本からは唯一「センス・オブ・ワンダーナイト2016」の最終8作品に選出された。「センス・オブ・ワンダーナイト2016」は「東京ゲームショウ2016」の4つの国際企画のうちの一つで、実験的で創造的なゲームの発表会。インディーゲームコーナーの出展者の中から選ばれたファイナリストがステージでプレゼンテーションを行う。

(※)「摩訶大将棋」…平安時代後期の大型将棋を起源とする日本独自の大型将棋。ボードゲームであると同時に、古代の合戦や仏教の世界観、陰陽道を、絶妙のシナリオでもって表現している。

 「東京ゲームショウ2016」および「センス・オブ・ワンダーナイト2016」の概要は下記の通り。

■「東京ゲームショウ2016」開催概要
【開催日】
 9月15日(木)~18日(日)
 ・15日(木)・16日(金)・・・ビジネスデイ
 ・17日(土)・18日(日)・・・一般公開
【時 間】 10:00~17:00
【場 所】 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2−1)
【公式webサイト】
 リンク

■「センス・オブ・ワンダーナイト2016」開催概要
【開催日時】 9月16日(金)17:30~19:30
【開催場所】 幕張メッセ・国際会議場Hall 9 e-Sports特設ステージ
※同会場に入場するには、ビジネスデイ来場者バッジ、プレスパスなどが必要。
【公式webサイト】
 リンク

●高見研究室HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人 大阪電気通信大学 広報部広報課
 大阪府寝屋川市初町18番8号
 TEL: 072-824-3325
 E-mail: kouhou@mc2.osakac.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事