logo

「フレッシュホップフェスト2016」を開催

キリンビール株式会社 2016年09月08日 19時40分
From Digital PR Platform


スプリングバレーブルワリー株式会社(社長 和田徹)は、今年収穫した国産ホップでつくったビールを楽しむ第1回「フレッシュホップフェスト2016」を、日本ビアジャーナリスト協会(代表 藤原ヒロユキ)や全国のクラフトブルワリー19社とともに、10月8日(土)から23日(日)まで東京、岩手県遠野市、大阪、横浜で順次開催します。

生産者やビールのつくり手が見えるクラフトビールの拡大に伴い、素材であるホップへの注目も高まっています。日本の風土から生まれたホップの個性を楽しむとともに、とれたてのみずみずしい香味を体験していただくことで、国産ホップの魅力を高めていきたいと考えています。
また、東北地方を中心とした国内各地域のホップ農家は生産者の減少や高齢化への対応を必要としています。当イベントを起点とした様々な活動を通じて、ホップ生産地を積極的に応援していきます。

「SPRING VALLEY BREWERY」ブランドからは、岩手県遠野産のホップを使って醸造した「Hop Fest(ホップフェスト)2016」を中心に、スプリングバレーブルワリー東京(渋谷区代官山町)のみで販売する限定ビールも製造し、当イベントを盛り上げていく予定です。

キリンビール社は、50年以上にわたって遠野のホップ農家の方々と栽培契約を結んでいます。遠野産ホップを使用した「一番搾り とれたてホップ生ビール」を今年も10月25日(火)に発売します。
今後も生産地の持続可能性を高めるとともに地域の活性化を支援していくため、生産者や地域の方々とのパートナーシップを強化していきます。
キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

■「フレッシュホップフェスト2016」全体概要

1.名称
フレッシュホップフェスト2016

2.実施期間
2016年10月8日(土)~10月23日(日)

3.内容
今年収穫した国産ホップでつくったビールで乾杯するイベント

4.参加ブルワリー
19社を予定
※詳細は、Webサイト(リンク)等で順次開示します。

5.実施場所

<東京会場概要>
【日時】10月8日(土)11時~21時、 9日(日)11時~21時、10日(月)11時~20時
【場所】SPRING VALLEY BREWERY TOKYO
    東京都渋谷区代官山町13-1
【内容】樽開けおよび店内フェス

<岩手県遠野会場概要>
【日時】10月8日(土)10時~16時
【場所】蔵の道ひろば(岩手・遠野)
    岩手県遠野市中央通り4地内
【内容】樽開けイベント(遠野市産業まつりと合同開催)

<大阪会場概要>
【日時】10月15日(土)、16日(日)※時間は未定
【場所】(10/15)CRAFT BEER BASE BUD
    大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル B2F
    (10/16)dig beer baR
    大阪市西区京町堀1-12-31
【内容】各飲食店内でのフレッシュホップを使ったビールの提供

<横浜会場概要>
【日時】10月22日(土)12時~21時  23日(日)11時~20時
【場所】YCC ヨコハマ創造都市センター
    横浜市中区本町6-50-1
【内容】樽開けおよびフェス

 ※参加ブルワリーや日程等は変更になる場合があります。

■SPRING VALLEY BREWERY「Hop Fest 2016(ホップフェスト2016)」商品概要

1.商品名
SPRING VALLEY BREWERY Hop Fest 2016

2.発売日
2016年10月8日(土)数量限定

3.商品特長
今年収穫された遠野産ホップでつくったSPRING VALLEY BREWERYのピルスナー。すっきりとしたボディ感とフレッシュなホップの風味が爽やかな飲み心地。控えめのエステル感ととれたての「IBUKI」らしいピュアで上品な香りが特長。

4.容量/容器
330mlびん、15L樽

5.アルコール分
5.5%

6.販売場所
・スプリングバレーブルワリー東京・横浜ほか
・キリンオンラインショップ「DRINX」

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。