logo

“紙”なのに酸素・香りを通さない紙製バリア包材「シールドプラス(R)」の用途開発を強化

日本製紙株式会社 2016年09月08日 14時25分
From Digital PR Platform


 日本製紙株式会社(社長:馬城 文雄)は、パッケージ分野を成長が見込める事業領域として捉え、循環型素材である木質バイオマスを原料とする紙をベースに、包装用素材やパッケージの開発を進めています。そのひとつとして、紙にバリア性を付与した包材「シールドプラス」を開発しており、このたび、本年4月に発足したパッケージング・コミュニケーションセンターとパッケージング研究所が連携し、本格的な用途開発を進めていくことになりました。

 近年、食品の安全性や環境配慮といった視点からパッケージに対して様々な機能が求められています。「シールドプラス」は、当社が製紙会社として長年培ってきた紙の製造技術と塗工技術を応用し、再生可能な循環型素材である「紙」に酸素や香りのバリア性を付与した、環境に優しい新たな包装材料です。「紙製」なので、フィルムとは異なる紙独特の風合いがあるのも特徴です。「シールドプラス」の高いバリア機能により、内容物(主に食品)の品質を維持し、また外からのにおい移りを抑えることができます。

 「シールドプラス」は、10月4日(火)~7日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「2016 東京国際包装展(TOKYO PACK 2016)」に出展し、その魅力、可能性を実感していただく予定です。さらにバリア性能(主に水蒸気バリア性)を高めた「シールドプラス プレミア」も同展で、参考出展する予定です。

 当社は、昨年企業グループ理念を明文化し、「木とともに未来を拓く総合バイオマス企業」とのスローガンを掲げています。紙を基材とするパッケージを通じて、豊かな暮らしと文化の発展に貢献し、社会が抱える課題の解決につながる価値の提供を目指してまいります。



【本件に関するお問い合わせ】

日本製紙株式会社 
産業用紙部
主席技術調査役 畠田 眞紀
(TEL 03-6665-5171)

パッケージング・コミュニケーションセンター
技術調査役 内村 元一
(TEL 03-6665-1070)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事