logo

花束を君に、KSK、newdays(Schroeder-Headz)など、人気曲を極上のピアノアレンジで!ピアノ楽譜集 上級 『月刊Pianoプレミアム 極上のピアノ2016秋冬号』9月17日発売!

株式会社ヤマハミュージックメディアは、ピアノ楽譜集『月刊Pianoプレミアム 極上のピアノ2016秋冬号』を、全国ヤマハ特約楽器店・書店またはヤマハミュージックメディア通販サイト<リンク >にて、2016年9月17日より発売いたします。



[画像1: リンク ]


最新のヒット曲を中心に、上級者の嗜好に合った弾き応えあるピアニスティックなアレンジ曲を掲載し、ピアノ演奏者に根強い人気がある「月刊Pianoプレミアム 極上のピアノ」シリーズ。そのシリーズ最新刊がヤマハミュージックメディアより9月17日に発売されます。「極上」の名に相応しい、ピアノで弾き応えがあって華やかなアレンジの人気の曲を多数揃えました。連続ドラマ「とと姉ちゃん」の主題歌として知られる『花束を君に(宇多田ヒカル)』、結婚ソングとして話題の『KSK(DAIGO)』など、まさに今流行している曲から、美しい旋律で有名なインストゥルメントバンド「Schroeder-Headz」の楽曲『newdays』、加羽沢美濃の美しいアレンジで弾く『Ave Maria』、フィギュアの羽生結弦選手がエキシビションで使用し話題となった『天と地のレクイエム』、そして華やかな連弾アレンジにした『リベルタンゴ』まで、幅広いジャンルから曲を選び抜き、極上のピアノアレンジでお届けします。

【ピアニスト須藤千晴(ピアノソロ、連弾)、ピアニスト園田涼(連弾)による参考演奏動画を配信!】
また、前刊で大変好評だった、参考演奏動画を今回もご用意致しました。ピアノソロ曲は須藤千晴、連弾曲は須藤千晴・園田涼が演奏します。参考演奏動画は9月中旬頃に弊社商品ページ(リンク)にて公開予定です。さらに今回は、当社が運営するスマートフォン向け音楽サービス「mysound」(リンク)で、演奏音源のハイレゾ配信を行います(有料)。前刊ではストリーミングの動画でしか視聴できなかった演奏をお手元のスマートフォンで鑑賞することが出来ます。


月刊Pianoプレミアム 極上のピアノ2016秋冬号

定価:1,300円(本体価格)+税
仕様:A4変形判縦 / 104ページ
発売日:2016年9月17日発売予定
ISBN:978-4-636-93495-3
商品コード:GTP01093495
リンク

【収載曲】
<今だから弾きたい上級アレンジJ-POP>
花束を君に(宇多田ヒカル)/Soup(藤原さくら)/天と地のレクイエム-Requiem of Heaven and Earth-(松尾 泰伸)/KSK(DAIGO)/やさしさで溢れるように(Flower)/涙(GENERATIONS from EXILE TRIBE)/明日への手紙(手嶌 葵)/魔法って言っていいかな?(平井 堅)
<マイレパートリーに加えよう!>
見上げてごらん夜の星を(坂本九)/赤いスイートピー(松田聖子)/ジョイフル・ジョイフル/カノン(パッヘルベル)/Happy Birthday to You
<JAZZアレンジで華麗に演奏♪>
newdays(Schroeder-Headz)/ディズニー・ラグタイム・メドレー/ホワイト・クリスマス/ラウンド・ミッドナイト
<もっと華やかに連弾を弾こう♪>
リベルタンゴ(ピアソラ)/ショパン・エチュードOp.10メドレー(1番~4番~5番「黒鍵」~3番「別れの曲」~12番「革命」)
<ボーナス・スコア♪>
Ave Maria(カッチーニ/加羽沢美濃)

全20曲掲載予定

【参考演奏動画配信曲】
花束を君に(宇多田ヒカル)/Soup(藤原さくら)/天と地のレクイエム-Requiem of Heaven and Earth-(松尾 泰伸)/KSK(DAIGO)/涙(GENERATIONS from EXILE TRIBE)/魔法って言っていいかな?(平井 堅)/赤いスイートピー(松田聖子)/Happy Birthday to You/newdays(Schroeder-Headz)/【連弾】ショパン・エチュードOp.10メドレー(1番~4番~5番「黒鍵」~3番「別れの曲」~12番「革命」)
全10曲配信予定

【音楽配信サービス「mysound」概要】
「mysound」は、ハイレゾ音源を含む200万曲以上の中から好きな楽曲を1曲単位でダウンロードできる音楽配信サービス。さらに「mysoundプレーヤー」アプリを使えば、再生した楽曲をもとに、アプリが新たな楽曲を次々と紹介。音楽との出会いが広がり、音楽がもっと楽しくなるサービスです。
詳細はこちら:リンク

【参考演奏動画 演奏者紹介】


[画像2: リンク ]

須藤 千晴(Chiharu Sudo)

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。ドイツ政府給費留学生としてドイツ国立ベルリン音楽大学に留学、ミヒャエル・エンドレスのもとで研鑽を積み、最高点を得て卒業、ディプロマを取得。2001年東京藝術大学在学中に伊達純メモリアル基金より「アリアドネ・ムジカ賞」と奨学金を授与され、奏楽堂モーニングコンサートにて芸大フィルハーモニアと協演。第4回ジーナバックアウワー国際ピアノコンペティション(アメリカ)入賞。2000年以降3年間に渡りクールシュベール夏期国際音楽アカデミー(フランス)にてパスカル・ドヴァイヨン氏のマスタークラスを受講し毎年ファイナルコンサートに出演。第4回ザイラー国際ピアノコンクール(ドイツ)、第3回ベルリンピアノコンクール(ドイツ)、ASTI国際音楽コンクール(イタリア)など多くの国際コンクールにて上位入賞。ドイツ・ライプツィヒにおいてリサイタル、ベルリンにおいて「フランス音楽の夕べ」、「20世紀ソナタシリーズ」に出演するなど、ソロそして室内楽に国内外で積極的な演奏活動を展開している。2007年CHANEL銀座/シャネル・ネクサス・ホールにおける「Pygmalion Days」のアーティストとして1年間定期的にソロコンサートを行い注目を集めた。これまで、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」「東京・春・音楽祭」、室内楽奏者として「宮崎国際音楽祭」などに出演。ヴァイオリ二ストの徳永二男氏、ホルン奏者の松崎裕氏、チェリストの古川展生氏他多くの演奏家と共演を重ねている。2008年ビクターエンタテインメントよりデビューCD「Preludes」をリリース。2011年チェロとのデュオCDをオクタヴィア・レコードよりリリース。2014年日本アコースティックレコーズよりソロCD「Gems」をリリース。また、2014年~2015年ベーゼンドルファー東京サロンにて自身のプロデュースによるシェーンベルクピアノソロ作品全曲シリーズ全4回を開催し好評を博した。
2015年1月より月に1度自身のUstream番組「須藤千晴のちはるデート」を配信しており、毎回日本を代表する音楽家をゲストに迎えてトークと生演奏を放送している。
2015年銀座ヤマハホールで行なわれた「美椿スペシャルコンサート」にて、自身初のオリジナル作品「Camellia」を披露、好評を博し新たに作曲活動も開始。

須藤千晴オフィシャルウェブサイトリンク


[画像3: リンク ]

園田 涼(Ryo Sonoda)

東京大学在学中にシンセサイザー・コンテストで全国一位を獲得、また同時期に藤井フミヤ・ゴスペラーズのバックキーボーディストを務め、本格的にプロ活動を開始。2010年に自身の率いる「ソノダバンド」がメジャーデビュー。ほぼ全ての楽曲を作曲・編曲し、国内ではオーチャードホール、東京国際フォーラム、東京ドームなど主要な会場でライブを行ってきた。また海外でも「SXSW」、「ソウル・ジャズ・フェスティバル」など数多く公演。
2014年にバンドを解散し、現在はソロピアノからバンド、クラシカルなアンサンブルに至るまで、多岐にわたる編成での自身のコンサートの他、CMやドラマ、ゲーム音楽の提供、TBSのソロ・ヴォーカリスト・コンペティション番組「Sing!Sing!Sing!」審査員、JUNHO(from 2PM)バンドマスター、GACKT×東京フィルハーモニー交響楽団「華麗なるクラシックの夕べ」ピアニスト、フジテレビ「ヨルタモリ」オープニング・エンディングテーマの演奏、クレモンティーヌら他のアーティストへの楽曲提供など、幅広い活動を行っている。

園田涼オフィシャルウェブサイト リンク


お求めは、全国ヤマハ特約楽器店・書店またはヤマハミュージックメディア通販サイト<リンクまで。

【本商品に関するお問い合わせ】
(株)ヤマハミュージックメディア出版部
TEL:03-6894-0250 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事