logo

関西、オンラインで英語研修を実施する業種の割合、製造業が6割超オンライン英会話レアジョブ、5ヵ月で関西エリア導入企業100社突破

~大阪支社、中部エリアの営業活動も強化~

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 岳、以下「レアジョブ」)は、2016年4月に設立した大阪支社にて、関西エリアにおける法人導入企業が100社を突破したことをお知らせいたします。



レアジョブは2009年より法人向けサービスの提供を開始し、現在905社の企業・88校の学校にて、オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」をご利用いただいてます。4月に設立した大阪支社が担当する関西エリアでは、訪日外国人増加によるサービス業を中心とした経済成長が進むと同時に、製造業など海外進出に注力している企業において、グローバル人材育成の機運が高まっています。

首都圏と同じく、関西エリアにおいても英語研修に取り組む企業は増加傾向にありますが、国内外に複数拠点を持つ企業では、時間や場所の制限や、受講者ごとにレベルが異なる、などの問題から一般的な集合研修の実施が難しいという課題を抱えていました。これらの課題を解決しようと弊社大阪支社設立以降、関西エリアの営業強化を行うことにより、個人に合わせて研修を行えるオンライン英会話へシフトする企業が増え、急速に導入企業数が拡大しています。

今後、関西エリアだけではなく、ものづくり産業を中心に発展し、今年官公庁が認定した広域観光周遊ルート形成促進事業や、リニア新幹線の開通予定などによりさらなる発展が期待される中部エリアにおいても、グローバル人材育成ならびに地域の経済発展に寄与するため、積極的に事業を展開してまいります。

■「レアジョブ英会話」関西エリア法人導入動向について
製造業が6割を超え、次いで情報通信業、卸売・小売業の割合が多い。
なかでも、インバウンド効果を受け卸売・小売業やサービス業は比較的増加傾向。
主な導入企業:大阪ガス株式会社、関西電力株式会社、株式会社阪急阪神ビジネスアソシエイト等

また、導入企業様の英語研修取り組み背景、内容などについてインタビューを掲載しております。
リンク

【株式会社レアジョブについて】
所在地: 東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
代表者: 代表取締役社長 中村 岳
URL : リンク
事業内容: オンライン英会話サービス事業

グループビジョン「Chances for everyone, everywhere.」に基づき、世界中のより多くの人々が国境や言語の壁を越えて活躍できる社会をめざし、「日本人1,000万人を英語が話せるようにする。」をサービスミッションに掲げ、マンツーマンオンライン英会話「レアジョブ英会話」を主たる事業として展開しております。「レアジョブ英会話」では、「安価・たくさん量を話せる・高品質」という強みを活かし、「英語を話せるようになるためのサービス」として、2014年6月に東証マザーズに上場し、40万人以上のユーザー(※1)、905社以上の法人企業、88校以上の教育機関など多くの方へ提供し、国内No.1(※2)のオンライン英会話サービスへと成長しています。

■提供サービス
・個人向けオンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」
リンク
・「レアジョブ英会話」法人向けサービス
リンク
・「レアジョブ英会話」教育機関向けサービス
リンク
・ブラジル版オンライン英会話サービス「ENPOWER」
リンク
・レアジョブ英語学習アプリ「RareJob Apps」
リンク
・英語を手段にチャンスをつかむためのメディア「English Path」
リンク

※1 ユーザー数は、当社の英語サービスすべてのユーザー数(オンライン英会話およびChatty)を記載
※2 MMD研究所「オンライン英会話の利用に関する調査」(2015.6.19)より

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事