logo

たのしーをお部屋探しに!賃貸アパート、マンションの物件選びがVRで楽しく変わる!スマートフォンとVRゴーグルを使って、「いつでもどこでもバーチャルお部屋探し!」

株式会社ニッショー.jp 2016年09月08日 10時01分
From PR TIMES

株式会社ニッショー.jp(本社:名古屋市北区、代表取締役社長:加治佐 弘)は、賃貸物件検索サイトの「ニッショー.jp」に、360°パノラマビューバーチャルお部屋探し特集ページ「360°PANORAMIC VIEW」を新規公開。現地に行かなくても、VRの世界でその部屋にいる臨場感で下見体験ができる物件を一挙掲載しました。同時に、当地ではいち早くオリジナルVRゴーグルを制作、この9日からイベント会場で一般配布し、いつでもどこでもリアルに物件のVR見学ができるサービスも開始しました。



■「たのしーにであおー。」  360°VRコンテンツで、その部屋の中にいる感覚

「たのしーにであおー。」がブランドスローガンの 株式会社ニッショー.jp。お部屋探しは楽しくやりたい、という人は結構多く、夢を描いて部屋を探す人に、サイトで楽しい部屋を見つけ、コンテンツの中で楽しんでいただく、今回のサービス提供は、まさに「たのしーにであおー。」の進化形といえます。360°パノラマビューで部屋が見回せるのは楽しいことではないでしょうか。約200件のVR物件の特集ページを新たに公開。「なかなか下見の時間がとれない」「場所が遠くていけない」という人に、美しい画像のVRの世界で多くの物件がそれも同時に、仮想見学できることを可能にしました。

ニッショー.jpサイト 360°パノラマビュー
リンク
[画像1: リンク ]



■見たい方向にカメラが連動するリアルさ!いつでも、どこでもVR物件下見が可能!

ニッショーのキャラクターをデザインした今回制作のオリジナルVRゴーグルは、凸版印刷の「VRscope(R)」を採用。スマホを装着し、VRゴーグル対応の(株)アジェンシアの「PANOCLOUD (R)」を導入したVRサイト上で、部屋の見たい方向に連動する360°VRパノラマコンテンツが体験でき、それは感動・驚き・喜びの世界です。さらに、スマホでいつでもどこでもVR物件を見ることができることは、自分が見てきた部屋を、家で再度家族・友人などに実際に見てもらう、そんな使い方もできます。ゴーグルの使い方はまだまだ広がり、今後、検討が重ねられます。このゴーグルは、9日よりの3日間、名古屋市西区のイベント会場でVRコンテンツを体験してもらい、興味のある方には無償配布されます。

2016年9月9日(金)・10日(土)・11日(日)3日間開催
たのしーお部屋にであおー。2016 in mozoワンダーシティ
リンク

[画像2: リンク ]



■VRコンテンツ制作のパイオニア。ウエブアクセス増で顧客満足度向上にも期待

株式会社ニッショー.jpは、2013年から「360°バーチャルお部屋探し」を開始、楽しみながらお部屋探しができるサービスを提供してきました。ウェブサイトに360°物件紹介ページを掲載、これまで累計約3,000物件を撮影・紹介してきた中部エリアではVRコンテンツ制作のパイオニア。PC、スマートフォン、タブレットに対応したバーチャルコンテンツを公開してきました。VRコンテンツは、部屋の間取り、サイズ、照明やエアコンなどの設備、そして実際の部屋全体が詳細に確認することができ、ウエブアクセスして見た人が実際に下見に行きたくなるきっかけづくりをしています。


[画像3: リンク ]



■自社でコンテンツの制作・公開ができることで、外部制作コストを削減

多くのVRコンテンツ掲載を可能にしたのは、撮影、コンテンツ制作を自社で作成しているから。不動産物件の場合、専門業者に依頼する場合、物件ごとに360°パノラマ撮影、コンテンツ制作が必要で費用と日数を要します。賃貸は掲載期間も流動的で動きが早く、また物件数が多いことから導入が困難でした。自社で撮影した360°パノラマ写真を、スマホやPCから管理画面にアップロードして、自動的にバーチャルコンテンツを生成。間取り設置設定やパノラマの接続設定を管理画面から行うだけで、本格的なVRコンテンツが自由に誰でも簡単に作成し公開ができるシステムを導入。時間的にも費用的にも課題を解決、多物件の掲載を実現しました。
[画像4: リンク ]



【 PANOCLOUD(R)開発元 株式会社アジェンシア 概要】
株式会社アジェンシア (リンク)は、VRコンテンツプラットフォーム(PANOCLOUD(R))、Googleストリートビューサービス導入支援、ICTソリューションズの3つを基軸とし事業を展開しています。Googleストリートビュー撮影のスペシャリストとしてGoogleから「認定パートナー」に指定され、360°全方位や超広角画像を用いた画像処理技術の研究・開発を推進し、ギガピクセルパノラマ・VRコンテンツの制作提供を行っています。
PANOCLOUD(R)導入事例: ハウスメーカー、結婚式場、大学、観光施設、スポーツ施設(豊田スタジアムギガピクセルパノラマVR)など。有名観光スポットをはじめ、全国の店舗・施設を撮影し紹介しています。


【株式会社ニッショー.jp 概要】
雑誌からパソコン・スマホへ移行していく中、2014年10月にアパートニュース出版株式会社から社名変更。物件情報を物件情報検索サイト「ニッショー.jp」を通じて提供。多くの方にニッショーの物件を知ってもらえるように積極的な広告・宣伝活動を展開。今日の情報化時代を予見して1997年にアパートニュースホームページを開設。東海地区初の賃貸住宅情報誌として37年間発行していた「アパートニュース」の編集ノウハウを活かし、webサイトの運営・管理から各コンテンツの企画・編集を手掛けています。お部屋探しをされる方の視点にたってわかりやすく整理した情報を提供。蓄積された情報は、ニッショーの商品開発、新たな事業展開に大きく貢献しています。
リンク
[画像5: リンク ]



<プレス用連絡先>
この記事に関するお問い合わせ
株式会社ニッショー.jp(ニッショードットジェイピー)
〒462-0046
愛知県名古屋市北区城見2丁目10-1 ニッショービル3F
TEL : 052-991-0100
担当: Webマーケティング部 林 康雄

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。