logo

ソーラーフロンティア、CIS薄膜太陽電池を イタリア最大のショッピングセンター「Il Centro」に供給


【ミュンヘン―2016年9月8日】― ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)は、イタリアのミラノ近郊にオープンしたショッピングセンター「Il Centro」の屋根に、合計1.4MWのCIS薄膜太陽電池を設置しましたのでお知らせします。同ショッピングセンターは、イタリア最大のショッピングセンターで、10万平方メートルを超える広大な敷地に約200店舗を擁します。

本プロジェクトでは、出力170Wpのソーラーフロンティア製ソーラーパネル8,295枚が、Il Centroの屋根上に設置されました。発電した電力は、商業施設の照明および空調設備に使用され、余剰電力は売電されます。これにより、ショッピングセンターにおける一日の電力消費量の約50%を賄います。

ソーラーパネルを供給したのは、トスカーナ州フィレンツェに本社を置く販売代理店P.M. Service社で、施工を請け負ったのはING社です。ING社のオーナーであるガブリエル・ジラルディ氏は、次のように述べています。「お客さまが安全で快適に施設をご利用になるためには、毎日膨大な量のエネルギーが必要です。環境負荷の低減を目指す当社のコミットメントを示すために、再生可能エネルギーを利用することは不可欠です。今回当社は、シリコン系と比較して高い発電性能と品質を有するソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池を採用しました。」

ソーラーフロンティア・ヨーロッパのマネージング・ディレクターであるウォルフガング・ランゲは次のように述べています。「本プロジェクトは、欧州において時代の流れを象徴するモデルケースとなり得る内容であり、参画できたことを嬉しく思います。ミラノ周辺地域は、1平方メートルあたりの年間日射量が約1,400キロワット時もあり、太陽光発電所の設置に理想的な環境です。今回のプロジェクトでは、二酸化炭素排出量を毎年800トン以上削減できると同時に、上昇する電気料金の負担も低減できます。」

P.M. Service社のオーナーであるマッシモ・インノチェンティ氏とアンドレア・パリーニ氏は、重要なプロジェクトにソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池を採用した理由について、次のように説明しています。「ソーラーフロンティアとは5年間に亘って信頼性を築いてきました。同社製品を採用した理由は、その優れた温度特性による安定した発電力です。」

以上

【ソーラーフロンティア株式会社について】
ソーラーフロンティア株式会社は、昭和シェル石油株式会社(5002, T)の100%子会社で、世界最大のCIS薄膜太陽電池のソリューション企業です。当社が生産・販売するCIS薄膜太陽電池は、実際の設置環境における経済性および環境特性の高さが特徴で、これまでに住宅用・産業用の両面において革新的かつプロフェッショナルなソリューションをご提供してきました。ソーラーフロンティアは、太陽による快適でクリーンな暮らしをすべての人にお届けします。企業情報や最新ニュースの詳細は、当社公式のホームページ、Facebook、Twitterをご覧ください。

【P.M. Service社について】
P.M. Service社は1999年に設立されました。再エネなどに関する製品およびサービスを提供することを目的として設立し、欧州およびアジアにおいて主要な太陽電池パネル製造会社およびインバーター製造会社との間で提携関係を構築してきました。また同社はエネルギー市場に関するセミナーや勉強会も開催しており、イタリア中部を中心に2,000人を超える参加者が受講しました。詳細は、リンク をご覧ください。

【ING社について】
ING社は1990年代冒頭に設立後、現在は従業員30名を擁し、2015年の売上高は12百万ユーロに迫ります。同社は環境、水、エネルギーおよびインフラストラクチャーの分野で多様なグローバルソリューションを提供しています。過去25年の間に、約2,000件の太陽光発電所を手掛け、100件以上の公共施設のエネルギー効率を改善しました。本社をトレヴィオーロ、視点をブラジル、チュニジアおよびアルバニアに設け、営業活動を展開しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事