logo

玉川大学芸術学部と小田急百貨店町田店の教育連携 -- 小田急百貨店町田店40周年記念イベントをプロデュース~学生が「メッセージ募集CM」の制作と「特設会場の演出」を展開

玉川大学 2016年09月08日 08時05分
From Digital PR Platform


玉川大学芸術学部(東京都町田市/学長:小原芳明)は、株式会社小田急百貨店(本社:東京都新宿区/社長:樋本達夫)、町田店と産学連携活動の一環として広告クリエイティブに取り組んだ。これは、この秋に開店40周年を迎える小田急百貨店町田店から「お世話になった地域のお客様に、地元の教育機関と連携してプロモーションを行いたい」という意向から実現したもの。そこで、大切な人へありがとうの想いを伝える「ありがとうの贈り物」というコンセプトに応える形で、開店40周年を告知するCMを制作。さらにお客様からメッセージを募り、展示する特設会場の演出も担当する。


 プロジェクトの進行では、小田急百貨店の担当の方と議論を重ね、企画・制作を進めていった。
 このようにして完成したCMは、町田店のホームページだけでなく、小田急線町田駅や神奈川中央交通のデジタルサイネージでも放映されている。また特設会場は、9月14日(水)~27日(火)に一般公開が行われる。

 なお一般公開に先がけ、前日13日(火)は、学生が担当する会場最終仕上げの様子として、メディアの方々にご覧いただく機会を設けている。

■メディア公開日: 9月13日(火)10:00~12:00
 会場: 小田急百貨店町田店
※当日は、装飾作業の様子がご覧いただけます。取材ご希望の方は事前にご連絡ください。

●この連携事業の特徴                 
・「メッセージ募集CM」と「特設会場」の企画から学生が担当
・地元ならではの協力で、綿密な教育連携体制を実現
  6月から玉川大学キャンパス、小田急百貨店町田店の双方で、定期的な企画会議を実施。
・プロのクリエーターが、アドバイスに加わりクオリティーを向上
・特設会場では、町田市の花「サルビア」を活用したプロデュースを提案
・メッセージ募集CMの制作には、小田急百貨店実店舗を舞台にした撮影を実施
 小田急百貨店の店員もキャストに加わり、より現実に即した現場を体験
・産学連携により、学生たちがリアルに学び、体験する機会を得た
 メッセージ募集CM班と特設会場班の学生から感想が得られた(添付詳細リリース2ページを参照)

 なお、玉川大学HPでも一部ご覧いただける。
 リンク

※詳しくは、添付詳細リリースをご覧ください。

▼本リリースに関する問い合わせ先
 玉川大学教育企画部広報課
 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
 TEL: 042-739-8710
 E-mail: pr@tamagawa.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事